未分類

有価証券としていくつかのICOトークンを扱うスイス金融監督機関

スイスの金融監督機関は、ICO中に売却されたいくつかのトークンを有価証券として扱うことを示す新しいガイドラインを発表しました。

今日発表されたプレスリリースでは、金融市場監督局(FINMA)は、スイスに進出するICOの数が急激に増加したため、それらに適用される規制についての問い合わせが急増したと述べました。

現時点では「部分的に不透明」の状況下で、国内でトークンセールプロジェクトを開始するプロジェクトの状況を明確にするために、新しいガイドラインが公開されました。

「現時点での透明性の確立は、動態市場と高い需要を考えると重要である」と
当局者は述べています。

特に、FINMAはケースバイケースで仮想通貨トークンに対する規制適用の可能性を判断し、昨年7月に発表された米国証券取引委員会(US Securities and Exchange Commission)ガイダンスと同様の姿勢を示しています。

FINMAは、ICOを評価する際、「トークンの経済的機能と目的」に焦点を当てており、「トークンの根底にある目的と、既にトレード可能であるか譲渡可能であるか」はどのように分類するかにおいて第一の要因になるとしています。

その機関は、ハイブリッドが可能であることを認めながら、3つのカテゴリーのトークンについて概説し、以下のようにそれぞれの可能性のある規制スタンスを設定しました。これには、「支払いトークン」、「ユーティリティトークン」、および「資産トークン」が含まれ、後者は証券カテゴリに分類されます。

「FINMAは資産トークンを有価証券とみなし、これは、そのようなトークンで取引するための証券法の要件と、スイスの義務規約に基づく民事法の要件があることを意味する」と当局者は述べました。

ブロックチェーン技術は、「金融市場の中、かつ、それをはるかに超えた革新的な可能性」を持っていると認めている一方で、FINMAのCEOであるMark Bransonは、このリリースで
「規制された活動に類似して開催されたICOプロジェクトは、単に試行錯誤を経た規制枠組みを迂回することはできない。」と述べました。

スイスのウォッチドッグは、2017年9月に銀行法と証券法に従っていたかどうかを判断するために、ICOを調査していると最初に述べました。

そして、当時、「規制当局の規定が破られているかどうかを判断するためにICOの事例がいくつか検討されている」とも述べました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/switzerland-will-treat-some-icos-as-securities-finance-regulator-says/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。