セントラリティ(CENNZ)

Centrality(セントラリティ)中国の大企業と大型契約

Centralityはオークランドに本拠を置くベンチャースタジオである中国の強国であるWandaと新たに契約を結びました。

新たな戦略的提携により、上海のCentralityとWanda Internet Technology Groupが協力して、消費者、小売業者、およびその他の関係者をつなぐ生態系を構築し、Wanda Groupの企業商人および一般の人々にサービスを提供します。

大連万達グループ

大連万達グループ(だいれんワンダ・グループ、中国語万达集团)は中国のコングロマリットである。

https://goo.gl/HJoLN0より

https://www.wanda-group.com/Internet/

 

同盟の中心的な役割を果たすのは、Centralityの高性能でスケーラブルなクロスプラットフォームのプラットフォームとエコシステムです。この提携は、グローバル成長の可能性を秘めたブロックチェーンに焦点を当てた事業を特定し、インキュベーターや投資プログラムに追加することで、エコシステムにおける分散型アプリケーションの拡大にも焦点を当てます。

CentralityのCEOであるAaron McDonaldは、「Centralityには、インフラ面で重労働を起こした高度な開発者のチームがいます。「Wandaは、再利用可能なコンポーネントの豊富なライブラリと大量採用のための潜在的可能性に感銘を受けました。

「私たちのビジネスは、ブロックチェーンの機会に完全に調和しており、協力して政府、産業、消費者部門におけるブロックチェーンの採用を推進できると信じています。

Wanda Groupは1988年に設立され、商業財産、文化、インターネット、財務の大企業に発展しました。2016年にフォーチュン・グローバル500リストで380位にランクされました。2017年6月30日までにその資産は83826億元で、収入は1,380億5000万元です。ワンダグループは2020年までに、2,000億ドルの資産、2,000億ドルの時価総額、1,000億ドルの収益、100億ドルの純利益を有する世界クラスの多国籍企業になることを目指しています。

Centralityは、2016年7月から、ベンチャースタジオであり、主な業界の主導的なイノベーターと提携し、市場のアプリケーションを創造しています。これらのアプリケーションを使用することで、消費者はピアツーピアトランザクションを使用して、1回のログインとブロックチェーン対応のインフラストラクチャを使用して、日々の作業や経験を管理できます。

起業家の世界をリードするチームによって形成され、10億ドル規模のテクノロジー事業を構築し管理する重要な経験を持っています。Centralityの技術チームは、Alibaba、Baidu、XERO、Google、IOTA、HYPERLEDGER、Consensysなどのハイテク企業、ブロックチェーン企業、大学などから来ています。

 

(引用元)

https://medium.com/centrality/centrality-sign-major-deal-with-chinese-conglomerate-a7d6d8f1656d

関連記事はこちらから

Centrality売却方法-SingularXでのCENNZ売却-

Centrality購入方法-SingularXでのCENNZ購入-

Centrality寄付会場でのブロックチェーントーク – ICOとスマート契約

Centrality申し込み3月1日まで。インキュベータープログラム

Centralityの取引価格が一時2300倍に!!SingularXに上場

仮想通貨『Centrality(セントラリティ) 』のICOがわずか6分で完売!

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓