セントラリティ(CENNZ)

Centrality(セントラリティ)概要まとめと紹介動画

Centralityの公式Twitterにて紹介されている記事がわかりやすくまとまっているので、翻訳してご紹介いたします。

▼Centralityのツイッターより▼

直訳するとこんな感じでしょうか。

SludgeFeed(ヘドロの飼料)とはすごい名前してるけど、素晴らしい記事を書くね。我々の事がわかりやすく要約されてます。

 

今回はその記事の日本語訳してご紹介します。

 

また、はじめての方はCentralityの日本語字幕付き紹介動画もあるので先にご覧下さい。関連するアプリケーションにどのようなもがあるのかわかり、理解がより深まると思います。

Centrality動画(日本語字幕付き)

Centrality (Japanese) from Centrality on Vimeo.

 

https://sludgefeed.com/centrality-decentralized-application-platform-and-ecosystem/
以下は上記URLの記事を日本語訳したものです。

Centrality

分散型アプリケーションプラットフォームとエコシステム

Centralityは、DAppsを単一市場で実世界にて使用することを目的としています。

 

アプリケーション開発者は、AmazonのAWSやMicrosoftのAzureのような大規模で集中化されたプラットフォームによって提供されるツールやサービスから大きな利益を得ています。これらのプラットフォームやその他のプラットフォームを通じて、企業はAPIとコンピューティングリソースを活用して、開発者が一連の技術とユーザーエクスペリエンスの価値を創造する部分に集中できるようになりました。

しかし、これらのプラットフォームは技術産業を支配するために急速に成長し、高額な手数料でスタートアップを制限するエコシステムにつながっています。さらに、ブロックチェーンテクノロジを念頭に置いて作成されたリソースはほとんどなく、最終的にプロジェクトアプリケーションの結果は悪化します。

blockchainスタートアップのためのソリューションを提供するために探して一つの会社がある。

Centralityはベンチャーインキュベーターの一種として機能し、当初は株式を所有するためのアプリケーション開発を容易にするためにブロックチェーンの新興企業と提携する世界中のいくつかの投資家から資金提供を受けました。

セントラリティプラットフォーム、サービス、および分散型アプリケーション(DAPP)事業を作成するためのビルディングブロックとして使用することができるアプリケーションのライブラリを開発し、関連する20種のアプリのクロストークは、プラットフォームのユーティリティトークンになるように設計。そのCENNZトークンのICOにて80万ドルを調達しました。

セントラリティに興味がありますか?プロジェクトの簡単な概要を紹介します。

プラットフォームと開発

簡単に言えば、Centralityは完全に機能し、統合されたネイティブDAppエコシステムであり、ブロックチェーン上に構築するために設計された多数のツールを開発者に提供します。Centralityチームは、開発者が市場を横断してやりとりするアプリケーションを構築できるソフトウェア開発キット(SDK)を設計しました。これにより、ユーザーはアプリストアにアクセスする必要なく、アプリケーション間で即座に移動できます。

centrality.ai

Centralityプラットフォームには現在約20のDAppsが機能しており、そのうち4〜5つは収益を生み出しているとされています。ポートフォリオに含まれているは以下のものがあります。Skoot、GPSや旅行アプリ、Ushare、トークンベースrideshareアプリ、およびCentrapay、スマート契約ベースの決済プラットフォーム。

Centralityプラットフォームは、Centralityのホワイトペーパーで説明されているように、4つの主要なレイヤーで構成されています。

  • Blockchain Layer: コンソーシアムEthereum Blockchain上に構築された基盤。

 

  • コア・サービス層: ベース層セントラル・オープン・モジュール、コア・プロファイル、ウォレットなど。この層は開発者には無料です。

 

  • プラットフォームインタフェース層: 中間層中央値付加モジュール。このレイヤーは各モジュールの料金を請求します。

 

  • アプリケーション層: 最上位層のDAppは、中間の2つの層のDAppを利用して、独自のユーザーに価値を提供します。Centralityは、ETHで約80,000ドルと交換して、プラットフォーム上で開発されたDApp全体の少なくとも20%を取得する予定で、企業と新興企業の利益をさらに追求することを目標としています。

 

Centralityエコシステムでは、すべてのDAppは独自の秘密鍵とパブリックアドレスを持ち、チェーンからデータを保存および取得できます。各DAppは、モジュール、データ、さらにはユーザーを共有して、ほとんどのプラットフォームの新興企業が直面している古典的な「鶏が先か卵が先か」の問題を回避するように働くことができます。

centrality.ai

CENNZトークンは、Centrality Webサイトで説明されているように、以下の目的で使用されます。

  • アプリケーションは、CENNZを使用して、アプリケーションを迅速に構築して統合するために必要なモジュールを購入することができます。

 

  • アプリケーションでは、CENNZを使用して、別のアプリケーションの顧客の紹介に報酬を与えることもできます。

 

  • アプリケーションでは、CENNZを使用して顧客に報いることができます。

 

  • お客様は、異なるアプリケーションからCENNZトークンを受け取ってトークンポートフォリオに追加することができます。

 

Centralityコンソーシアムチェーンを公開チェーンに公開するために、各アプリケーションはCentrality Platformに参加する際にネイティブトークンを作成するように奨励されることに注意することが重要です。

Centralityには、現時点で公開されている詳細なロードマップはありません。

 

チーム

centrality.ai/ourteam/

ニュージーランドに本拠を置く  Centralityチームは、テクノロジーとビジネス開発のバックグラウンドを持つ多くの熟練した起業家と、エコシステム内で機能するプロジェクトをサポートする広範な投資家ネットワークによって率いられています。

 

トークンファイナンス

Centrality(CENNZ)は、現在、CENNZの供給量が654,939,477、CENNZの総供給量が2億1,200万ドルである。

CoinMarketCap

 

ファイナルテイク

Centralityは、市場のクロストークによるDAppの開発と成長を非常に効率的にする興味深いプラットフォームエコシステムを開発しました。現在、同社は他のプロジェクトとの差別化を図った仮想ベンチャーインキュベーターのように機能しますが、今後はスケーラブルなビジネスモデルを実装する能力が重要になります。

 

(引用元)https://sludgefeed.com/centrality-decentralized-application-platform-and-ecosystem/

 

関連記事はこちら

Centrality(セントラリティ)はJP公式テレグラムのアカウントを作成

Centrality(セントラリティ)中国の大企業と大型契約

Centralityの取引価格が一時2300倍に!!SingularXに上場

Centrality購入方法-SingularXでのCENNZ購入-

仮想通貨『Centrality(セントラリティ) 』のICOがわずか6分で完売!

 

 

セントラリティの公式HPはこちら:centrality.ai

セントラリティの公式Twitterはこちら:Centrality@centralityai

▼セントラリティの日本語テレグラムグループはこちら▼

JP:

▼セントラリティの英語テレグラムグループはこちら▼

ENG:

 

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]