ヒュンダイダック(HDAC)

韓国の財閥関連ICO【HDAC(ヒュンダイコイン)】

どうも!クリプト筋肉です!

本日も、『ICO調達金額ランキングトップ20一覧』シリーズで、昨日のEOSに続き今日はランキングの第5位であるHDAC(ヒュンダイコイン)について詳しく紹介して行きたいと思います。

HDACとは

HDACとはあの韓国の自動車メーカーでも有名な財閥系企業のヒュンダイが関連しているとして去年の春先くらいから注目を集めました。ちなみに、創設会社のHyundai BS&Cはヒュンダイ財閥のグループで筆頭株主はヒュンダイ創業者のお孫さんだそうです。

コインは、ブロックチェーン技術と量子乱数技術を応用したセキュリティー面に特化した仮想通貨です。

特徴

仮想通貨には、以下の3つのブロックチェーンタイプがあるのを皆さんはご存知でしたでしょうか?

  • 1.0タイプ
  • 2.0タイプ
  • 3.0タイプ

1.0タイプ:ビットコインが代表格で、通貨としての機能を備えた仮想通貨です。

2.0タイプ:イーサリアムが代表格で、上記の1.0タイプにスマートコントラクト機能が備わったものになり、主に金融分野で使われます。

3.0タイプ:ここで今回のHDACは分類され、ブロックチェーン技術を医療や教育、企業の技術開発などに応用しようとするもので、ここの代表格になることを狙っています。

ちなみに自動車大手のトヨタは自動運転の車にイーサリアムの利用を検討しているようです。

プロジェクト内容

プロジェクト内容としては、現行のブロックチェーン技術よりも、よりセキュリティーを高めたブロックチェーンを使用したIoTの実現のためのプロジェクトになります。

それを、イジス(Aegis)と呼び、既存の認証システムをやめ、2.0タイプをつなぎ合わせる方式で高い安全性を確保しています。ちなみにイジスは韓国で特許を取得しています。

このプラットフォームで使われるのがHDACの仮想通貨DACになります。

また、以下の問題点を指摘しています:

  • 取引制限速度
  • 高いセキュリティリスク
  • 信頼性の欠如

これに対して、ブロックチェーン技術とIoTを合わせることによって以下のソリューション提示しています:

HDACの基盤となる技術理念は、契約、決済、投資、税金、ローン、公共料金の全てがシームレスで簡単な取引でならなけれいけないという、日々の支払い状況を劇的に改善するということである。そして、当社の技術を利用することで、合理的な消費と正確でスマートな管理を促進し、コミュニケーションとユーティリティの支出が可能になると考えている。

WP引用

ICO情報

  • トークン:DAC
  • 上限発行量:120億DAC
  • プレICO:〜2017年9月15日(日本では泉忠司さん経由のみ)
  • ICO期間:2017年11月27日〜12月22日
  • プレICO:一口0.3BTC=5400DAC
  • ICO:一口0.1BTC=2200DAC

上記以外に韓国で2回、中国で1回行われていてその時の価格は1BTC=30000DACだったそうです。

トークンの割当と調達資金の使用用途

割当

7%:資本準備金

7%:プレセールとトークン生成イベントの参加者へ

86%公平な「ePoW」マイニングによって得ることができます。 最初のブロック報酬は5000DACになります。 誰もが170年間、Hdacのマイニングに参加することができます。

調達額の使用用途

35%:資本準備金として保管

15%:HDAC財団とHdac technology AGによって保管

24%:HDAC技術の実装に使用

11%:グローバルマーケティング、ソーシャルメディア、アドバイザー、報酬プログラムに使用

15%:戦略パートナーとビジネス開発

(HP引用)

考察

韓国大手財閥グループが開発に携わっていることを考えてもこれが仮にコケてしまうとメインの自動車産業のメンツに傷をつけることにもなります。たとえそうなりそうになってもヒュンダイ財閥が全面的にバックアップするとは思いますが…かといってだから”絶対”大丈夫とも言い切れるわけではありません。韓国は世界情勢に流されやすいですし、世の中に絶対はありませんからね(個人的に)。

HDACの開発プランは2017〜2019年まであります。去年の年末に韓国取引所をオープンして、その直後にDACを上場、今年の上半期には海外取引所で公開予定とあります。

上記のことも踏まえ、ヒュンダイ自動車の評価も気をつけつつ、今後の動きから目が離せません。

公式HP:https://hdactech.com/

公式Twitter:https://twitter.com/hdactech

WP:https://github.com/Hdactech/Hdac/wiki/Hdac-Technical-Whitepaper

 

 

▼ICO関連の記事はこちらから▼

こちらでも堂々5位!

『ICO調達金額ランキングトップ20一覧』

 

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]