ネム(NEM/XEM)

NEM(XEM/ネム)ウォレット(windows版)の作り方

取引所からNEM(ネム)が不正送金された事もあり、購入した仮想通貨を取引所に置いておくのではなく、自分のウォレットで管理するといった関心は高まってきています。仮想通貨サテライトのスタッフもNEM(ネム)ウォレットを作成してみました。

作成手順は手順通りに行えば簡単です。作成方法を順にご紹介していきますので、今後仮想通貨を自分のウォレットで管理を行いたいと思っている方は是非参考にして下さい。今回はWindows版の作り方です。

まずはnemの公式サイトにアクセスして下さい。

nemの公式サイト:https://nem.io

NEM(ネム)ウォレットの作り方

ネムウォレットのダウンロード

1.トップページの右上の「MENU」をクリックします。

2.左下の「Get Wallet」をクリックします。

3.画面を下にスクロールし、「WINDOWS」をクリックするとNano Walletの圧縮ファイルがダウンロードできます。ダウンロードが完了したらファイルを解凍します。

ネムウォレットの設定

4.ダウンロードして解凍したファイルの中の「NanoWallet.exe」をダブルクリックして起動します。

今後もウォレットを使うときは、このファイルで起動しますので、ショートカットを作るなどして起動しやすいようにしておいてください。

 

5.画面右上の「Language」をクリックして「Japanese」をクリックします。日本語表示になります。

 

6.「シンプルフォレット」をクリックします。

 

7.「準備ができました」をクリックします。

「Mainnet」を選択(通常は「Mainnet」になっています)し「次へ」をクリックします。

 

8.ウォレット名を決めて入力。「次へ」をクリックします。

設定するパスワードを2カ所に入力します。

※パスワードは半角英数記号を混ぜた32文字以上のものを設定するのがおすすめです。

「次へ」をクリックします。

 

9.「スタート」をクリックします。

→この後、マウスカーソルを動かし続けるとインジケーターの数字が100%まで上がります。

「Done」と表示されたら「次へ」をクリックします。

 

 

10.表示された文書を読んで「理解し同意しました」をクリックします。

「ウォレットをダウンロードする」でウォレットのバックアップデータを保存します。

ウォレットファイルを表示するをクリックします。

 

11.「ウォレットファイルの表示」をクリックします。

赤枠内の文字列をコピーしてテキストに保存します。

これは10.で保存したwltファイルの中身と同じです。

どちらかがあればウォレットファイルの保存ができますが念のため両方やります。

※※ウォレットの復元は、何らかの事情でPCが故障してウォレットデータが消失した場合などに行います。保存したテキストデータはウォレットを入れているPCのHDD以外に保存しておくのがオススメです。※※

 

データの保存が完了したら「ウォレットファイルをバックアップしました」をクリックします。

 

12.「プライベートキーの表示」をクリックします。

表示されたプライベートキー(秘密鍵)をテキストファイルなどに保存します。

これは第三者に漏れないように注意して下さい。

「秘密鍵とパスワードバックアップをしました」をクリックします。

 

13.「私は全ての内容を理解し同意しました」をクリックします。

これでウォレットの作成完了です。

 

14.作成完了がするとこちらの画面が開けます。

このウォレットへの送金や出金方法はまた次回。

 

 

おまけ

ウォレットの機能として、「エクスプローラー」の「ネームスペースとモザイク」から

コインチェックより不正送金されたXEMについても確認ができます。

ネームスペースに「mizunashi」を入力して検索すると出てきます。
サブネームスペース
coincheck_stolen_funds_do_not_accept_trades
モザイク
levy_to_lock_assets
owner_of_this_account_is_hacker

 

↓ネムウォレットについて検索した方はこちらの記事もチェック↓

ハードウェアウォレット5種類を徹底比較

【決定版】コールドウォレットとホットウォレットの違いとは?