Qtum

Qtum:宇宙基盤ブロックチェーンノードの打ち上げ(2018.2.2)

Qtumが公式ツイッターで2018年2月2日に宇宙基盤のブロックチェーンノードを打ち上げたと投稿。ロケット打ち上げの動画も一緒に投稿されている。

Twitterの投稿は中国国家航天局の記事へのリンクもあり、リンク先では下記の通り記述されている。

“張Heng第1号”衛星が正常に立ち上げられた

 

2月2日15:51で、電磁モニタリングテスト衛星と中国の長征2Dの成功「張Heng第1号」軌道に成功し、酒泉衛星発射センターで衛星を打ち上げました。ミッションには、「Junior Star」やNewSat-4/5などの6つの国内外の衛星も装備されています。世界でも数少ない打ち上げ国の中国。軌道の精密地球物理学の分野探査衛星で持っています。

 

国家航空宇宙局の呉Yanhua副局長と国家航空宇宙局事務局長のTian Yulong氏は北京宇宙司令部とJiuquan衛星打ち上げセンターで打ち上げを指示した。

「張Heng第1号」国家民事宇宙研究で、中国が開発した新しい衛星をテストし、物理探査衛星プログラムの分野は、私たちの出発のスターです。衛星カバレッジ、電磁環境、強力な動的な情報、地理的な制約やその他の利点なしに、グローバル空間フィールドの物理現象の監視を行うための、電離層プラズマ、高エネルギー粒子の沈降、地震のメカニズムの研究、地球と宇宙環境モニタリングの普及体系的な科学研究は新しい技術的手段を提供する。統計結果は、空間電磁妨害や地震が宇宙電磁監視システムを構築するための明白な関連性を持っていることが示された結合関係地震のメカニズムとスペース電磁波障害を研究し、地震予知探査の新たな方法の地震準備発生の研究と理解を向上させることが重要である持っています意味。同時に、この衛星サウンディングデータは、宇宙物理学および地球物理学研究の重要なデータサポートを提供することもできる。

ペイロード精度磁力、プラズマ・アナライザ、高エネルギー粒子検出器の8種類を装填等統合マルチ負荷、高精度のキャリブレーションと5年の「張Heng第1号」設計寿命、。さらに、衛星はイタリアの高エネルギー粒子検出器を搭載しており、中国の高エネルギー粒子検出器を相互補完して開発され、共同で探査を実施します。中国航空宇宙局、中国地震庁などの関係部門は、探査データの探査と適用を行う国際的な科学委員会を設置した。

「張Heng第1号」は初めての番号を作成するために、中国の衛星開発の分野における総合的なテクニカル指標は国際先進レベルに達して、いくつかの技術的な指標は国際先進レベルに達しています。低軌道衛星制御精度電磁清浄度を達成するための最初の時間のための国のスターは、その後の宇宙探査ミッションの発展に大きな意義の宇宙ベースの科学探査の分野で偉大なショートボードの開発を補うために、国際的な先進レベルに達しています。正確な軌道磁界検出、高精度磁力誘導磁力計の負荷を搭載した衛星で初めての中国は、中国は最初の非常に貴重なグローバル地磁気データを得ることが期待されます。さらに、この星は、高精度電離層イオンおよびイオンin situ検出を達成するために中国でも初めてです。

西暦132年に、我が国の有名な科学者Zhang Hengは、世界で最も初期の地球探知機を発明しました。地震計は成功し、世界の地震調査研究を開拓ロンシー(現在は甘粛省天水市エリア)地震帯、初期の1800年の歴史について欧米諸国に比べて地震の記録機器を見込んでいます。さらに電磁モニタリングテスト・サテライト、国防科学産業局、組織工学研究関連ユニット、歴史家、科学的な専門家やメディアの記者の国立宇宙機関、衛星アウトリーチ名コレクションの影響を強化するために。「張Heng第1号」は主に、地震の観測に古代中国の代表張衡顕著な貢献を記念し、代表としての科学を提唱古代中国の科学界、真実の追求のチェン張衡スピリチュアルエッセンスを渡すために、電磁監視テスト衛星を命名。

電磁テスト衛星監視プロジェクトは国務院によって承認され、国防科学産業局、財務省はSASTIND組織と実装によって国家民事宇宙航空研究プロジェクトを承認しました。衛星、ロケット航空宇宙Dongfanghongサテライト・カンパニー・リミテッド、それぞれが所有する中国航空宇宙科学技術集団有限公司、宇宙技術の上海アカデミーの開発、立ち上げ、中国衛星打ち上げと制御システムによる監視および制御タスク、中国資源衛星応用センターと中国科学院とリモートセンシングをアプリケーションシステムは、中国地震局による建設と運営を担当し、デジタル地球研究所は、地上システムの受信および処理データ関連のタスクを共有しました。打ち上げミッションは、ロングマーチシリーズキャリアロケットの第266回打ち上げです。

国家宇宙局国防科学技術局は、宇宙知識の普及、宇宙精神の普及、宇宙資源の共有に積極的に取り組んでいます。ピギーバックは、1000万人以上のプライマリとセカンダリの学生のアイデアや夢から「ヤングスターワン」マイクロサテライトを起動し、それは、中国初の共有教育衛星である衛星の監視を提供し、学生の実際の経験を制御します。衛星監視および制御変電所を建設したすべての初等・中等学校および教育機関は、衛星データを使用して、宇宙科学で一般的な科学教育を実施することができます。

(引用元)

http://www.cnsa.gov.cn/n6758823/n6758838/c6799760/content.html

 

※中国国家航天局(ちゅうごくこっかこうてんきょく、中国語: 国家航天局 ピン音: guójiā hángtiānjú、英語: China National Space Administration、略:CNSA)は、中華人民共和国の国家行政機関の一つで、同国の民用宇宙開発を管轄する機関である。工業情報化部が管理する国家局である。軍用宇宙開発は人民解放軍の管轄であり、担当外。北京に本部を置き、4箇所にロケット射場を持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/中国国家航天局 より

 

QtumについてはPlaycoin(2017年2月7日現在トークンセール中)のベースとなっており、以前記事でも紹介しているので併せてそちらの記事もご覧ください。

Playcoin~ゲーム市場の革新的仮想通貨~(2018.1.30)

・PlaycoinはQtum(クアンタム)と呼ばれる2017年3月ICOがされたオープンソースのブロックチェーンプロジェクトをベースにして作成されています。

・Qtum は、ビットコインの取引の有効性チェック技術「UTXO」とイーサリアムの利点「チューリング完全性(Turing Completeness)」を持っており、イーサリアムスマートコントラクトのエンジン「EVM(EthereumVirtual Machine)」と互換性があるため、イーサリアムの生態系との互換性及び拡張性を保持している。

 

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。