ビギナー(初心者)

仮想通貨と電子マネーの5つ違いを徹底解説

仮想通貨と電子マネーは、実態が存在しない・購入する時に消費税がかからないなど多くの共通点が存在します。しかし仮想通貨と電子マネーは全く違う代物です。
今回は仮想通貨と電子マネーの違いについて解説します。

※「電子マネーも仮想通貨の1種ですが、ここではビットコインやその他アルトコインを仮想通貨として説明します」

仮想通貨は非中央集権が多い

もともと仮想通貨は、特定の国や団体に左右されない通貨を目指していました。このように運営方針の決定を特定の国や団体が行うのではなく、多くの関係者の合意によって決める体制を非中央集権といいます。

今ではリップルやステラのような中央集権の仮想通貨も登場していますが、2018年6月現在の時価総額ランキングを見ると上位の多くは、非中央集権の仮想通貨で占められています。ビットコインやイーサリアムも非中央集権の仮想通貨です。

一方で電子マネーは、発行体が運営方針の決定も発行している中央集権になっています。SuicaであればJR東日本、TポイントであればTポイントジャパンが発行体です。中央集権のメリットは、運営方針の決定にそれほど時間がかからないことです。

ビットコインがビットコインキャッシュと分裂した時には、調整に長い時間がかかりました。更に2018年6月現在では、その調整も完全には終了したとはいえない状態にあります。

逆に中央集権のデメリットは、発行体に問題が発生した時に電子マネーや仮想通貨にも影響を与える可能性があることです。これらの発行体の経営が健全であれば問題ありませんが、仮に経営が行き詰ってしまったら電子マネーの価値が保証されるか不明です。

このような電子マネーにおける中央集権のメリット・デメリットは、中央集権を採用している仮想通貨でも同様のことがいえます。

仮想通貨は価値が変動する

仮想通貨の価値は、1年間休みなく24時間変動し続けます。1万円分の仮想通貨を購入したとしても、気付いたら2万円以上に高騰していることがあります。逆に1万円分の仮想通貨が5,000円以下の価値にまで下落していることもあります。特に仮想通貨は、相場の変動幅も大きいです。1日の間で20%以上相場が上下することも少なくありません。

一方で電子マネーの価値は基本的に変動しません。1ポイント=1円で固定されています。

仮想通貨は世界中で使える

仮想通貨の特徴のひとつに、国や地域を越えて使用できる点があります。両替の必要も無いため、海外で使おうとしても両替手数料を取られることもありません。仮想通貨のままで使える店は限られていますが、欧米を中心に増えつつあります。日本でも大都市圏やECサイトなどで仮想通貨決済を導入しているところが増えてきています。ビックカメラやメガネスーパーのような全国チェーン店で導入しているところもありますが、カフェ・飲食店・サロン・小売など個人商店でも仮想通貨決済を導入しているところが多いところが特徴です。

一方で電子マネーが使用できる範囲は、提携企業に限られています。提携企業の多いTポイントカードは、海外でも使用できる店がいくつか存在しています。しかし2018年6月現在、基本的には日本国内の系列店・提携企業での使用が中心になっています。

仮想通貨はカード不要

仮想通貨の管理は、PCソフトやスマホアプリのウォレットで行われます。一方で電子マネーの管理には、各発行体が発行している独自のカードが基本になります。このカードによる管理は、カード発行に必要な機器類の準備・機器類のメンテナンス・カード発行全般に関わる人件費など発行体に大きな負担をかけます。特にカード保有者がカードを破損・紛失した場合は、カード保有者であることの本人確認や破損・紛失したカードの無効化、カード再発行など様々な手続きが必要になります。

ただし現在では、モバイルSuicaなどアプリに対応した電子マネーも登場しています。

逆にカード不要のデメリットは、カード保有者への負担が大きいことです。アプリを使用するためには、対応しているスマホの保有・アプリのダウンロード・アプリのバージョンアップなどを保有者自身が行う必要があります。

仮想通貨は送金可能

開発当初から仮想通貨は、個人間での取引や送金も可能とする仕組みを組み込んでいます。一方で電子マネーは、チャージや決済がメインの機能です。最近ではLINE PayKyashなど電子マネーを個人間で送金する機能が登場してきましたが、送金相手の本人確認が必要だったり送金上限額が100万円に設定されていたりと問題も抱えています。

まとめ

今回仮想通貨と電子マネーの違いとして「仮想通貨は非中央集権が多い」「仮想通貨は価値が変動」「仮想通貨は世界中で使える」「仮想通貨はカード不要」「仮想通貨は送金可能」の5つを紹介しました。仮想通貨や電子マネーの保有者側から見て特に大きな違いは、価値の変動と海外での使用でしょう。

現段階での日本国内での使用に限定するのであれば、仮想通貨よりも電子マネーの方が安定して使用することができます。ですが海外での使用や将来的な価値まで含めると、仮想通貨の方が便利に感じる人も少なくありません。