ビギナー(初心者)

初心者の素朴なギモンシリーズ:ICOの「上場」ってなんだ?

どこそこのコインが上場したぞーっと話題になって一気にトークンの価値が上がったりしますよね。この上場って一体なんのことか、皆さんご存知ですか?

上場するとは?

仮想通貨は取引所で取引が行われます。取引される仮想通貨の種類は取引所によって異なります。要は、取引所で仮想通貨が取引されるようになることを「上場する」と言います。

上場する取引所にも種類があります。「名前が知られた開発者やCEOが立ち上げメンバーに名を連ねていなければ、最初に上場する取引所は比較的小規模な取引所となるでしょう。*1」また、「最初から大規模な取引所へ上場出来るアルトコインは、既に世界的に大規模な取引が行われているビットコインやイーサリアムといった人気が高い仮想通貨の上場に携わったメンバーがCEOやCOO参加しているかプロデュースに名を連ねている必要があ*1」ります。

株式会社上場との違いは?

「IPO(新規株式公開)の場合には、証券会社や取引所による厳しい上場審査を経て上場が認可されますが、ICOの場合はそのような手順は不要です。

投資家勧誘のために証券会社に目論見書を作成してもらう必要もなく、ホワイトペーパーと呼ばれる説明書を発行体自身が作成するケースが大半のため、手間もコストも抑えることが可能です。*2」

日本の事情は?

「日本では、世界にさきがけて仮想通貨法が成立していて、仮想通貨を取り扱う業者は内閣総理大臣の登録を受けた者(仮想通貨交換業者といいます)だけが事業を行うことができるというルールがあります。

ですので、日本における新しい仮想通貨の上場については法律に基づいて運用されることになると思われます。*2」

大手と小中規模の取引所の違いは?

「大手の取引所に仮想通貨が上場すると、その仮想通貨の価値が上がります。*3」「大手と呼ばれる取引所はそれだけ顧客数と取引高を持っていることを示しており、新たな仮想通貨が上場すると、同じ取引所内の資金が上場した仮想通貨に流入してくる可能性が高い*3」からです。「しかし、需要と供給のバランスから知名度が低く人気が高まっていない仮想通貨は、小規模な取引所へ最初に上場して値上がりし、次に中規模取引所へ再上場するという流れとなります。購入者が利益を挙げられた際には、仮想通貨の人気が高まるので、最終的に大規模な取引所へ上場を目指せるわけです。*1」

以上、上場についての解説でしたー!

※「アルトコインとは、Alternative Coin(代替コイン)の略称で、ビットコイン(Bitcoin、BTC)以外の仮想通貨のことを言います。*2」

引用元*1:https://goo.gl/g5YN69

   *2:https://goo.gl/CQfK9f

   *3:https://goo.gl/gtS6td

ご意見、ご質問などはメールくださいませ!


WRITER PROFILE

Aya

国際基督教大学 (ICU) 2012年卒。翻訳コーディネーター、営業、マーケター、事務など様々な職種を経て仮想通貨業界にjump in!美味しいもの大好き♡最近のお気に入りは日本初上陸リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー東京本店@吉祥寺でしたー(*´μ`*)