ビットコイン

ビットコインの価格が7,000ドルを下回り、仮想通貨の売り払いが続く(2018.2.5)

ビットコインの価格は、11月中旬以来初めて7000ドルを下回り、過去1週間に見られた市場の弱さの継続を示しています。

CoinDeskのBitcoin Price Index(BPI)は6,888.45ドルと、その日の取引開始から15%以上の低下を記録しました。プレス時、ビットコインの価格は幾分回復し、BPIあたり6,993.10ドルで取引されました。

全体として、この動きは8,186.65ドルの開始時から1,200ドル以上の減少を記録しています。

今日のCoinDeskの報告によると、全体的な時価総額が8000億ドルであった1月初旬の最高水準から、全体の仮想通貨市場は50%以上も下がっています。データプロバイダーのCoinMarketCapによれば、その資本化は現在、約3,320億ドルになります。これは、仮想通貨価格の大幅な低下になります。

影響を受けた仮想通貨の中には、700ドルを下回ったイーサと、ビットコインキャッシュがあります。これは、プレス時、当日の取引で1,000ドル以下に下落した仮想通貨の崩壊です。

中国の海外貿易拠点へのアクセス制限や、クレジットカード購入を禁止している銀行の数が増加したことなどが、市場の落ち込みの理由として注目されています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/bitcoins-price-dips-below-7k-as-crypto-selloff-continues/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。