ビットコイン

50Centがビットコインを所有したことはないと新たな裁判の申請書で述べる

パフォーマンスアーティストの50Cent Jacksonは、結局のところビットコインの億万長者ではないかもしれません。

実名がCurtis Jacksonのアメリカ人ラッパーは、The Blastで得られた破産裁判所の申請書に、彼は、「ビットコインの口座またはビットコインを所有したことがなく、今も所有していない」そして、彼のビジネスも有していないと述べました。この申請書は2月23日に提出されました。

以前にCoinDeskで報告されているように、Jacksonは2014年のAnimal Ambitionアルバムの支払いにビットコインを受け入れ、エンタテインメントニュースサイトTMZの1月の報告によると、TMZのストーリーが公開されたときに約800万ドル分の約700BTCを獲得したとされていました。当時、JacksonはInstagramのニュースを確認したようで、「サウスサイドの子供にとっては悪くない、私は自分をとても誇りに思う」と書いています。

彼はさらにコメントスレッドで、彼がビットコインを持っていたことを忘れていたと述べました。その後、その投稿は彼のアカウントから削除されています。

Jacksonは、新たに提出された裁判所の文書で、第三機関の会社がビットコイン取引を処理し、即座に米ドルに換算したと主張しています。

この申請書に含まれていたJacksonのBitPayアカウントからのプリントアウトに基づいて、TechCrunchは、アルバムのために受け取った総ビットコインの支払い額が、TMZによって最初に報告された数字よりもずっと低くなると推定しており、Jacksonが700 BTCではなく6〜7 BTCを獲得したことを示唆しています。

そのパフォーマンスアーティストであり起業家は、彼が宣伝からの恩恵を受ける姿勢をとったために、彼はTMZの報告書に異議を唱えなかったことを文書で主張しました。

「一般的に、報道が私のイメージやブランドに回復不能なほどな損害を与えない限り、私は通常、報告を公然と否定する必要はないと感じている。これは、問題の報道が自分のイメージやブランドにとって好都合であると感じるときに特に当てはまります。たとえその報告が事実の誤解に基づくものであり、または真実の虚偽を含んでいたとしても。」と彼は綴っています。

彼のビットコインの所有を「忘れる」という以前のコメントに関して、Jacksonは次のように述べていま:。

私は次のことを述べるソーシャルメディアの投稿を作った:私はそれをしたことを忘れてしまった。なぜなら、私はオンライン取引のビットコインを受け入れる最初のレコーディング・アーティストの一人であったことを忘れていたからだ。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/50-cent-never-owned-bitcoin-rapper-claims-court-filing/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓