ビットコイン

フィンランド、コールド・ストレージに押収されたビットコインの公開オークションを指示

フィンランド政府は、法執行当局が没収する仮想通貨をどのように扱わなければならないかを明らかにする新たなガイドラインを火曜日に発表しました。

財務省の公式文書を引用しているBloombergの報道によると、仮想通貨を保管する公的機関は現在、取引所に資金を置くことが禁止されており、インターネットからオフラインでアクセスできないようにする必要があるとしています。

判決は事実上、関与する機関がある種のコールドストレージソリューションを特定する必要があることを意味し、アクティブなWeb接続を持たないウォレットを維持することになります。Bloombergによると、ヘルシンキの税関事務所は、これまでに仮想通貨をどのように保管していたかは明らかにしていません。

情報源によれば、フィンランド当局は現在、税関事務所からのデータによると、2016年以降の手入れで没収された約2,000BTCを保有していると述べています。ちなみにCoinDeskのBitcoin Price Indexによると、今日の価格では2000 BTCは約2300万ドルに相当します。

2016年にCoinDeskが報告したように、フィンランドの通関代理店は、Valhallaと呼ばれるオンライン闇市場の運営に関連して、当時約100万ユーロ相当のビットコインおよびその他のアイテムを押収しました。

資産扱い

新しいガイドラインは、当局が仮想通貨を通貨ではなく資産として扱わなければならないことを示しています。

Bloombergによると、裁判所は資金が所有者に返還されないとの判決を下した後、彼らはユーロと交換する可能性があるとしています。この文書では、セキュリティ上の理由から、仮想通貨取引所ではなく、公開オークションを通じて販売を行うことを推奨しています。

他の政府は、彼らが没収する仮想通貨の処理の難題に直面しています。米国で見られるように、そのソリューションとは単に一般にオークション出されるだけです。

米国の当局は、仮想通貨をどのように保管しなければならないのかはっきりしていないが、近年、押収されたビットコインのオークションを数多く行っています。

最も注目に値するのはおそらく、現在廃止されている闇市場であるSilk Roadから奪取された仮想通貨の売却でした。2014年中頃に開催されたそのような売却は、29,656 BTC(投資家Tim Draperが獲得)を提供し、44,341 BTCのオークションが後の2015年10月に開催されました。

それらを合わせると73,997ビットコインで、今日の価格で8億5300万ドルの価値があります。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/finland-releases-new-guidelines-for-storage-of-confiscated-bitcoins/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。