ビットコイン

ジョージア州は、納税のためのビットコインを検討する最新の州になる

ジョージア州の2人の州議員は、市民が税金徴収をビットコインで行うことを可能にする法案を提案し、今年でこの種の2回目の立法努力を表明しました。

公的記録によると、2月21日に上院議員のMichael WilliamsJoshua McKoonが提出した措置は、通過した場合、州の税務署を管理するルールを調整し、ビットコインと定義されていない他の仮想通貨の両方を受け入れるようにします。

「コミッショナーは、税金とライセンス料の有効な支払いとして電子ピア・ツー・ピア・システムを使用するビットコインに限定されずすべての仮想通貨を含み、受け入れるものとする」と 法案は述べています。

提案された法律は、現在、アリゾナ州議会を通って動いている別の法案を主に追跡しています。1月に提出されたこの措置は、アリゾナ州が納税のためのビットコインを受け入れる最初の米国の州になる可能性を確立し、州の議員の支持を引き寄せています。

アリゾナ州の法案と同様に、ジョージア州で提出された法案は、税務当局が受け取った日のうちにその支払いを米ドルに変換することを義務づけています。

「コミッショナーは、仮想通貨での支払いを、その支払いを受領してから24時間以内に優遇税率で米ドルに換金し、そのドル換算額を支払人の口座に振り替えるものとする。」とそれは説明します。

しかし、アリゾナ州からの奨励措置にもかかわらず、ジョージア州での対策は、他の州のこのような提案に対する過去の反対を受けて成功するという保証はありません。CoinDeskが以前に報告したように、ニューハンプシャー州の議員は、仮想通貨での支払いを可能にする法案を提出したが、州の衆議院は最終的に2016年1月の投票でこれを棄却しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/georgia-us-state-consider-bitcoin-tax-payments/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。