ビットコイン

ドイツはビットコインでコーヒーを買うことに対して課税しない

ドイツは、仮想通貨を支払い手段として使用することでビットコインユーザーに課税することはない、と財務省は述べています。

火曜日に発表されたこの指針では、ドイツを国税庁が課税目的の財産としてビットコイン取り扱っている米国とは区別しています。つまり、アメリカ人がビットコインでコーヒーを買うと、それは実際には財産の売却とみなされ、潜在的にキャピタルゲイン税の対象となります。

その代わりに、新しい文書によると、ドイツは支払い手段として使用された場合、租税目的のための合法的入札と同等のものとしてビットコインを考慮するとしています。

そのBundesministerium der Finanzenは、付加価値税(VAT)に関するEU裁判所の判決2015に関する指針に基づいています。

裁判所の判決は、特定の種類の取引について免除を提供している一方で、EU諸国がビットコインに税金を課す前例を作り出しています。

とりわけ、新しいドイツ文書は、仮想通貨を合法な支払方法とみなして税の決定を次のように正当化しました。

契約の代替および即時支払い手段として取引に関与するこれらのいわゆる仮想通貨が受け入れられている限り、仮想通貨(ビットコインなど)は法的支払い手段と同等になります。

課税目的の場合、ビットコインを法定通貨に換金するか、その逆に換金することは、「課税可能なその他のメリット」であることを意味します。商品の購入者がビットコインで支払う場合、文書によると、売り手が文書化する場合、EUのVAT指令条項が取引時にビットコインの価格に適用されます。

しかし、EUの判決によれば、仮想通貨を法定通貨に換金する、またはその逆の実際の行為は、「サービスの供給」として分類され、したがって、取引所の仲介者として働く当事者は課税されません。

文書によれば、デジタルウォレットプロバイダーまたは他のサービスに送られる支払手数料は同様に課税されます。

仮想通貨エコシステムの他の側面は課税されません。ブロック報酬を受け取ったマイナーは、その文書によると、サービスが自主的であるとみなされるため、課税されません。

同様に、仲介業者として自分の名前でビットコインを購入または販売する取引所事業者は、免税を受けるが、技術市場として営業している取引所はそのような免除を受けません。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/germany-considers-crypto-legal-equivalent-to-fiat-for-tax-purposes/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓