ビットコイン

イスラエルはビットコインを財産と見なすことを確認

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上の一種の財産として扱うことを月曜日に確認しました。

この通知は、税務当局が仮想通貨を「通貨ではなく、財産とみなす」という過去の兆候を確認し、それによって課税されることになります。その当局の立場は、今年1月に公表された草案に続いて初めて詳述されました。

この回状では、仮想通貨からの利益は、20%から25%の率でキャピタルゲイン税の対象となると説明しています。一方で、ビジネスと関連して仮想通貨をマイニングまたは取引する個人は、キャピタルゲイン税に加えて17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。

後者の側面(潜在的な付加価値税の請求から広範な投資家を除外)は、この問題が顕著になって以来、近年見られる傾向に沿っています。イスラエル政府は早くて2013年から仮想通貨の課税を検討し始めています。

また、今日の発表は(税務当局からの以前の草案を踏まえて)大いに期待されていましたが、当局者は引き続き業界全体に影響を与え続けるイニシアチブに取り組んでいます。

当局の月曜日の告知は、1月下旬に公表された別の草案に続いており、それは政府がICOに課税する可能性のある方法を概説しています。起こりうる段階としては、税金が引き金となる最低のトークン販売収入の閾値を設定することが含まれます。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/israel-confirms-will-tax-bitcoin-property/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。