ビットコイン

米国政府は、押収された550万ドル分のビットコインを維持したいと考えている

米国政府は、偽の身分証明書を作成した4人の個人から押収された500ビットコインの没収の可能性に注目しています。

オハイオ州の司法省からの発表によると、トレドから3人、ペリズバーグから1人の計4人が、オハイオ州、ミシガン州、ユタ州から運転免許証や個人身分証明書などの偽の書類を作成し、運搬した疑いがかけられています。

この訴状は、2013年6月から2018年2月までの5年間で500ビットコインという4人の手取り額を示しています。CoinDeskのBitcoin Price Indexによれば、仮想通貨の合計は現在550万ドル近くの価値になっています。

検察官の要求に応じて、被告人がビットコインを没収するよう命令された場合、米国政府は、近年、犯罪者から押収された既存のビットコインプールにそれらを追加することができることになります。資金は最終的に一般市民に競売され、潜在的流動性が市場に追加される可能性が高くなります。

これまでに報告されたように、米国連邦保安局は、2016年に2,700ビットコインを販売して以来、1月に3,800を超えるビットコインのオークションを開催しました。

2014年にも、米国連邦保安局は、今は無きダークウェブのSilk Roadの運営者であったRos Ulrichichtから没収した5万ビットコインを競売しています。

(引用元)

https://www.coindesk.com/the-us-government-wants-to-keep-5-5-million-in-seized-bitcoin/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓