Crypto

ベラルーシは仮想通貨を会計基準に採用した

仮想通貨についての活動が合法化される数日前、ベラルーシは仮想通貨を扱う新たな会計基準を採用した。それは取得と用途に応じてデジタルトークンを分類するものだ。文書では情報企業が当局と共有することが求められるだろうと定義されている。仮想通貨セクターを規制する大統領命令は3月28日に施行される。

商品、投資、決済

ミンスクの財務省は仮想通貨取引の会計記録を保持する手順を特定する、新たな基準を開発した。文書では明確に仮想通貨に言及していないが、ベラルーシでは法定通貨として認められていない。しかし、仮想通貨フローの報告を効率的に規制する。


ベラルーシは仮想通貨会計基準を採用する。トークンセールを指揮する組織の義務と、”デジタルトークン”のコストを処理するアプローチは省令に定義されている。法律は民間に適用されるが、国有銀行や政府機関には適用されない。当局はBeltaの報道機関の発表で明らかにした。

新たな基準は取得や用途に応じて仮想通貨を分類する。ICOを通じたトークンの取得は投資とみなされる。定期借入期間が12ヶ月を超える場合は「長期金融投資」または「短期金融投資」となる。その金額は「異なる債務者および債権者による決済」および「その他の収益および費用」の会計勘定に計上されなければならない。


トークンがその後の販売のために、トレーダーまたは取引所によって購入された場合、「商品」デビット口座と次のクレジット口座に報告する必要がある。「サプライヤーおよび請負業者との和解」および「現在の活動の収入および費用」だ。マイニングオペレーションの結果として得られたデジタルトークンや仮想通貨取引の検証のための報酬は「仕掛品」デビット口座の下に記録され、また残高のクレジット部門の「主な活動」として記録される。

その他の規則の変更

口座のナショナルチャートのいくつかの基準に対して改定はなされた。これらは個別の財務諸表および連結財務諸表について考慮している。財務省は、トークンを扱っているデータ会社が会計記録を開示する必要があると判断した。情報には、所有しているトークンの量と種類、および前年の終わりに計算された初期値が含まれている必要がある。

12月に法令№8「デジタル経済の発展」はAlexander Lukashenko大統領によって署名された。仮想通貨活動を合法化し、取引やICO、仮想通貨マイニングオペレーションを促進するものだ。この文書は、2023年までの仮想通貨ビジネスに関する税制やその他のインセンティブを紹介している。2018年3月28日に施行される。

その導入により、ベラルーシは、ブロックチェーン産業を規制する包括的な法的枠組みを持つ最初の国となりそうだ。この法令は、デジタルトークンの発行、配置、保管、交換に関する制限または特別な要件を意味するものではない。

個々の起業家や企業はベラルーシハイテクノロジーパーク(HTP)に居住者として登録している国ならどこでも自由に仮想通貨事業ができるだろう。同時に、仮想通貨の利用は法定通貨として受け入れられておらず、制限されることを期待されている。

 

(引用元)

https://news.bitcoin.com/belarus-adopts-crypto-accounting-standard/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓