Crypto

Bitmainはブロックチェーン搭載の「中央銀行」に投資を希望

ビットコインマイニング大手のBitmainは、ブロックチェーンを搭載した「プライベート中央銀行」を創出するために働く多くの新興企業に投資する予定であることを水曜日に発表しました。

共同設立者のJihan Wuは、デジタル商工会議所とジョージタウン大学の金融市場と政策センターの主催によるDCブロックチェーンサミットで、最初の基調講演をしました。彼の発言では、Wuは、通貨を裏付ける中央銀行と世界中の多数の仮想通貨の増加の相違を検討しました。

おそらく最も注目すべきことは、彼の講演は、Bitmainがこれらの2つの世界を橋渡しする20〜30の新興企業に投資したいとの啓示で終わり、民間の中央銀行(技術的には民間だが米国政府と連動している連邦準備制度理事会などの機関とは異なる)は、「より消費者の利便性の高いユーザーエクスペリエンスを生み出す上で優れている」と主張しました。

Wuは次のように説明しました:

Bitmainでは、ブロックチェーン技術を使用して民間通貨を発行し、合法的な方法でサービスとして設定する民間中央銀行の新興企業に非常に興味を持っています。私たちは、この独特の新興経済に焦点を当てた20〜30の新興企業に投資したいと考えています。

同氏はまた、こうしたベンチャー企業は潜在的に有利であると主張し、FRBによって得られた所得を強調し、「中央銀行が非常に有益な事業であることをすべて知っている」と指摘しました。

この声明は、Quartzが以前に報告したように、人工知能分野のアプリケーションも検討しているという同社の野望が広がっていることを明らかにしています。中央銀行に焦点を当てた前進はまた、Bitmainがそのマイニング面積を拡大するとされていると伝えられており、カナダでの拡大に注目しています。

市場と規制について

新興企業への投資発表は、経済学者のFriedrich Hayekからトークン搭載のインセンティブまで、多くの話題に焦点を当てたWuのスピーチの末尾に起きました。

特に、彼は、いくつかのネットワークで経験した急速な成長を指摘して、仮想通貨市場がいくつかの重要なコインを中心に統合するという考えに意欲を掻き立てました。

「実際には、ビットコインの支配力は低下しており、エーテルやダッシュのような多くの仮想通貨が非常に速く成長することがわかります。市場が統合するという理論が正しいと思うかどうかは説明できません」と彼は指摘します。

実際、Wuは、「完全な」仮想通貨はないと主張し、その結果、市場には数多くのオプションが求められているとしています。

「市場には完全な仮想通貨は存在しないため、市場はより多くの仮想通貨を必要とするだろう」と彼は出席者に語りました。

Wuは特に規制とトークンの話題に触れました。 米国証券取引委員会の噂された捜査を取り巻く最近の話題を挙げて、それは水曜日に、ICO由来のトークンの取引所サービスを提供する取引プラットフォームが、質問のトークンが有価証券であるとみなされる場合、政府に登録する必要があるということを述べました。

Bitmainの共同設立者は、今日の市場の多くのトークンがその定義に該当すると考えていると語りました。

「ほとんどのトークンは有価証券の定義に入る可能性が非常に高く、有価証券の規制の対象となる」と彼は続けました。

しかし、私は規制当局がそのようなビジネス革新に対処するための良い答えを準備する必要があると考えています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/bitmain-wants-invest-blockchain-powered-central-banks/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓