Crypto

仮想通貨はCFTCの『商品』と米国裁判所が規定

米地方裁判所は、米商品先物取引委員会(CFTC)商品として仮想通貨を定義することを支持しました。

CFTCが仮想通貨事業者Patrick Kerry McDonnellを訴えた裁判事件の覚書によると、ニューヨーク地裁のJack Weinstein判事は、「仮想通貨は商品としてCFTCによって規制されることができる」と判決を下しました。

『仮想通貨は、一定の品質と価値のために市場で交換される「商品」である…「コモディティ」の共通定義の範囲内にある』と裁判官は火曜日に命令を書きました。

資料によると、CFTCが連邦レベルの規則が存在しない場合に商品としての仮想通貨を規制する権限を有していたかどうか、この法律により、CFTCが「先物またはデリバティブ契約の売却に直接関与しない詐欺行為を管轄するかどうか」が決定されたかどうかが問題となっています。

どちらの場合も、Weinsteinは肯定的に回答し、つまり、その事件が被告に対して提起される可能性があることを意味しています。

判事はさらに、判決が続く中、被疑者に仮想通貨投資へのさらなる関与を禁じる仮差止命令を承諾しました。

以前CoinDeskによって報告されているように、CFTCは、2015年に仮想通貨を商品として定義し、政府機関は最近投資家を欺いていると考えている仮想通貨ビジネスをターゲットにしているという決定を下しました。

今年1月に提出されたいくつかのケースのうちの1つでは、CFTCはMcDonnellと彼の会社CabbageTechに対し、顧客のデジタル資産と共に行方をくらましているという申し立てで訴えました。

このケースによると、同機関は、当時、McDonnellは、自信を投資利益率が非常に高い魅力的なトレーディングアドバイスを持つ仮想通貨投資専門家であるとしていたと述べました。
しかし、顧客がお金と仮想通貨で送った直後に、被告人は、資金を不正に流用したと言われています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/us-judge-rules-cryptocurrencies-are-commodities-in-cftc-case/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓