Crypto

中国警察、海外へ仮想通貨の監視を拡大

中国の警察は、国際的な仮想通貨活動を含むようにインターネット監視を拡大しているとされています。

ビジネス報道機関Yicaiによると、国家公安部の下にある中国の公共情報ネットワークセキュリティ監督機関は、海外の仮想通貨取引所や、海外に移転した国内のプラットフォームを厳重に監視しています。

また同報告では、中国の投資家がアクセスできるプラットフォームからのマネーロンダリング、マルチ商法、投資詐欺の可能性を防ぐための中国政府の取り組みの一環として行われたと述べています。

中国の規制当局が暗号化交換を積極的に精査しているという最新の兆候で、報告書はさらに、中国人民銀行(PBoC)がICOの禁止を出し、法定通貨から仮想通貨への取引の閉鎖を命じた昨年9月、執行計画が発効したと説明しました。

その取締りに続いて、ICOの主催者と仮想通貨取引所は、その焦点を海外のプラットフォームに移しました。それでもなお、中国の規制当局は、グローバルな仮想通貨活動に関連するリスクに関する複数の警告を発しています。

PBoCの自己規制組織である中国の国家インターネット財政協会(National Internet Finance Association)は、CoinDeskが報告したように、海外に行っても国内投資家がアクセスできる「偽装された」ICO活動に対して、1月初めに非難しました。

それに続いて、国家公安部は、1月19日の声明で、同機関が仮想通貨を伴うマルチ商法を厳重に取り締まろうとしていると述べました。

(引用元)

https://www.coindesk.com/chinese-police-extend-crypto-exchange-monitoring-overseas/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓