Crypto

Coinbaseはマルチシグ金庫のサポートをひと月以内に終了する

Coinbaseは企業にとって有益でなく維持するに値しない先進的なセキュリティ機能のサポートを終了する。マルチシグ金庫は元々、同じCoinbaseのインターフェイスを使いつつ消費者がプライベートキーを管理し、自身で安全を管理するために導入された。

Coinbaseマルチシグ金庫の終了

Coinbaseはひと月以内にマルチシグ金庫のサポートを終了する。サンフランシスコベースの仮想通貨取引所Coinbaseはプラットフォーム上での既存のマルチシグ金庫(つまりアカウントはアクセスに複数の署名を必要とする)のサポートを終了すると発表した。最終日は2018年4月19日だ。

消費者のフィードバックや不評と利用から、企業はすでに新たなマルチシグ金庫の作成を不可能にしている。Coinbaseはビットコインフォークはより頻発しており、マルチシグ金庫の複雑性が、追加でフォークされた資産のマルチシグ引き出しのサポートを不可能にしている説明している。

これらの理由より、リソースを他に投資することが決定された。「この機能を無くすことで、マルチシグ金庫のサポートするための開発時間が、消費者にとって重大な、プラットフォームのセキュリティと信頼性のための継続的な投資に再配分される。」

自分のお金は自分で管理

Coinbaseがひと月でマルチシグ金庫のサポートを終了する。企業の説明では、この製品は利用者がコントロールするもので、顧客が既に管理している2つのキーで資産を移動することができる。この変更によりCoinbaseの顧客が企業が管理する3つ目のキーにアクセスできなくなるだろう。

この機能の利用者は変更の前に2つのキーにアクセスできることを認識すべきだ。一方で、2018年4月19日以前に、Coinbaseの顧客は全ての資産をマルチシグ金庫から引き出すことが推奨されている。この日を境に、金庫と連携したマルチシグアドレスへのアクセスは、Coinbaseにコントロールされていない第三者のオープンソースソフトウェアに利用を求められるだろう。そしてマルチシグツールはグループ金庫をサポートしていない。

Coinbase顧客かどうかにかかわらず、あなたのビットコインのセキュリティの責任はあなたにある。仮想通貨を守るより多くの情報はnews.Bitcoin.comで見つかるだろう。

 

(引用元)

https://news.bitcoin.com/coinbase-to-remove-support-for-multisig-vaults-within-a-month/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓