Crypto

ダンスケ銀行は仮想通貨関連の商品への投資を禁止

デンマークの大手銀行のダンスケ銀行は同行が「仮想通貨まわりの投資環境をサポート」しないとする発表する文書を発行した。ダンスケ銀行は消費者が仮想通貨金融派生商品を購入する「可能性を縮小する」という。同行の仮想通貨にまつわるリスクを排除する考えに反して、ダンスケの顧客は仮想通貨をクレジットカードで購入できる。

ダンスケ銀行は仮想通貨市場に対して否定的立場をとる

ダンスケ銀行は仮想通貨に対する「ネガティブな立場」の概要を書いた文書を発行した。1871に設立以来、ダンスケ銀行は何十もの国で運営してきたデンマークで最も大きなリテールバンクである。


文書では、仮想通貨に対する多くの懸念が書かれている。「従来の通貨や投資にはある典型的な投資家や消費者保護が欠如している。」

ダンスケ銀行は「仮想通貨投資を避けるよう強くすすめる」

ダンスケは「(仮想通貨の)価格情報」は不透明」で、「投資家として、市場がいかに発展するか、または価格はどう動くかについて非常に限られた見解しか持てない。」非常に不安定な仮想通貨市場という点が強調されている。

「最も重要なことは、透明性と規制管理の欠如が仮想通貨を犯罪のターゲットにしていることだ。そしてマネーロンダリングや強奪などの犯罪取引に巻き込まれる可能性があることは分かっている。」と同行は言う。そして「金融犯罪やマネーロンダリングへの対抗を支援することは義務だ。現段階では、仮想通貨は反マネーロンダリング規制の義務を遂行するための充分な透明性を提供できない。」と結論づけた。


「このような理由により、我々のプラットフォームで仮想通貨を取引することは不可能だ。」とダンスケ銀行は表明した。

仮想通貨派生商品は「縮小していく」がクレジットカードでの仮想通貨購入はOK

ダンスケ銀行はその立場に従い多くの手段を導入した。「仮想通貨まわりの投資環境をサポートするいかなる方法でもない」と言及しつつ。

このように、ダンスケは「仮想通貨の価格に直接関わる金融商品を買う可能性を廃止した」例えば、仮想通貨の価格を反映する「金融派生商品やETNなど。」更にダンスケは「これらのタイプの有価証券」は「不安定さとリスクが特徴だ」という。

手段に反して、ダンスケは「仮想通貨取引に繋がる、ダンスケ銀行で発行したクレジットカードの利用は阻止しないだろう。ダンスケ銀行は仮想通貨起源のデポジット資産は扱う…他のタイプの投資から派生したデポジット資産と同様に。」

今後、ダンスケ銀行は「市場をよく監視し、もし仮想通貨市場がより透明性を持ち成熟したら、現在の立場を変えるかもしれない。」

 

(引用元)

https://news.bitcoin.com/danske-bank-bans-investments-cryptocurrency-related-instruments/