Crypto

エジプト政府の疑惑。秘密裏に市民のデバイスで仮想通貨マイニンング?

Citizenラボの調査では、エジプト当局が市民のコンピュータやラップトップで仮想通貨マイニングを行っているという証拠が見つかりました。

研究者は、インターネットスキャンを使用して、Telecom Egyptの接続に関するディープパケットインスペクションMiddleboxeを発見しました。暗号化されていないトラフィック(httpsではなくhttpを使用する)は、ブラウザ仮想通貨マイニングスクリプトにリダイレクトされました。研究者らは、これは疑いを持たないインターネットユーザーから収入を得るために行われたということを示唆しています。

この報道はまた、トルコで市民のデバイスにスパイウェアを導入するために使用されているものと同じ悪意のあるシステムを特定しました。近年、エジプトとトルコの両国はますます独裁主義的であり、複数の人権義務に違反しています。国境なき記者団は、2017年の世界報道自由ランキングで180ヶ国中161位にエジプトをランクしており、2013年以来800人が死刑宣告されています。ジャーナリスト、人権擁護家、抗議者もまた大量の逮捕、失踪、拷問を経験しています。

大規模な調査の後、チームは、エジプトとトルコの両方から600,000ドルの契約の一環としてトルコのシステムを販売していた米国の企業であるSandvine PacketLogicデバイスへのネットワークインジェクションを追跡することができました。当時、この取引は、同社の主要メンバーを抗議において辞任させるということを引き起こしました。

仮想通貨への態度は、非常に宗教的なエジプトでは分裂しています。今年の初め、エジプトの最大の宗教指導者は、ビットコインがSharia法の下で違法であると述べ、ブロックチェーンの禁止を求めました。

エジプトの一部の当局者はこの技術に反対しているが、ハッカーらはおそらく大量のお金を稼いでいる可能性があります。大手サイバーセキュリティインテリジェンス企業の1つであるTalosの今月初めの報道によれば、悪質なマイニングは年間1億ドル以上、攻撃者をネッティングしている可能性があると推定されています。報道によると、感染した各デバイスは1日約28セントを生成できると推定されおり、1日あたり568ドル、年間で20万ドルを追加する2000台のデバイスがあります。しかし、明らかになった全国規模のシステムでは、さらに多くのデバイスが感染している可能性があり、より多くの利益をもたらすとされています。

この種の攻撃は、マルウェア研究所が約150万台以上のデバイスに影響を与えていると主張して、近年大きく盛んになっています。ウェブサイトの所有者は、広告ホスティングの代わりにこの技術を展開しました。しかしながら、主な使用用途は、知らないうちにインターネットユーザーにシステムをスライドさせるハッカーによるものです。

エジプトとトルコのこのソフトウェアの使用に関するニュースは、これらの国の不安定な人権状況だけでなく、世界的に国家の認可を受けてスパイをしているということを思い出させるものです。私たちが2018年を進むにつれて、インターネットは市民とのつながりの道具ではなくなりつつあり、それらをスパイする武器が増えています。

(引用元)

https://www.ccn.com/report-alleges-egyptian-government-secretly-mining-cryptocurrencies-citizens-devices/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓