Crypto

フランスの財務大臣は仮想通貨スタートアップのためのICO規制を計画中

最近発行された意見記事によると、フランスの財務大臣Bruno Le Maireは主要なICOハブになるために、ICOの合法なフレームワークを作るという国の計画を明らかにした。


フランスのウェブサイトNumeramaで発行された意見記事では、Le Maireは元中央銀行役員Jean-Pierre Landauに仮想通貨の合法的なフレームワークの原稿を頼んだ。記事で彼はこう書いている。


「フランスは企業がICOをするための当面の合法的フレームワークを掲げて、初のメジャーな金融センターになることに非常に興味を持っている。」

Landauは「Monsieur Bitcoin」という有名なニックネームを持っており、先月フランスの仮想通貨タスクフォースを選んだ。CCNが知る限り、そのタスクフォースは「規制改革のガイドラインを作る」ためにあるという。

Le Maireは「数週間以内に」国の政府に披露するアクションプランを更に明らかにした。フランス市場規制当局Autorité des marches financiers(AMF)は企業にICOで資金調達する権限を与える選択肢がある。彼らが投資家を守る特定の基準を遵守する限りにおいて。


首相はブロックチェーン技術は国のスタートアップに前代未聞の機会を与え、トークン発行により資金調達が可能になると売り込まれた。

「改革は進行中で、ビットコインが先駆けとなる。ブロックチェーンは新たな機会をスタートアップに提供する。例えば、ICOは資金調達をトークンで可能にする…仲介者のない信頼あるネットワークを作りだすことを約束するものになり、増加するトレーサビリティを提供し、経済効率を促進する。」と彼は言う。


フランスは金融改革に伝統があり、新たな目標は「全てのプレーヤーに彼らの環境に必要なセキュリティを保証することにより、21世紀の金融世界に参入すること。」だと彼は言う。コラムで、Le Maireは「(フランスは)ブロックチェーン改

G20でドイツと共に仮想通貨の議論が求められている。サミット中、アルゼンチンのブエノスアイレスでLe Maireは仮想通貨とブロックチェーン技術の重要性を強調した。G20の共同声明は仮想通貨の取締が起きないと明らかにしたが、規制提案は7月までになされる。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/frances-finance-minister-plans-ico-regulations-in-bid-to-attract-crypto-startups/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓