Crypto

仮想通貨の将来的成功は非中央集権化にかかっている

将来の仮想通貨取引プラットフォームは今日のものとは全く異なるだろう。アトミックスワップと非中央集権的取引プラットフォームは普通となり、将来非常に興味深くなるだろう。リップルの共同設立者Jed McCalebは非中央集権的ネットワークは全ての仮想通貨成功の鍵だという。

仮想通貨取引の新時代

中央集権的取引プラットフォームは高い利便性を提供してきたが、売却、購入、仮想通貨取引となると、弱点がある。インフラの問題と顧客資金の管理者としての立場からすると、早い変化の必要性は明らかだ。残念ながら、適切な選択肢を見つけることは、うまくいく時もそうでない時もある。


幸運なことに、最近ポジティブな進展があった。非中央集権的取引ソリューションは徐々に注目を集めている。barterDEX同様、0xプロトコルとその他のソリューションが非常に人気になっている。まだ換金性をについて考慮すべきだが、これについて多くの改善の余地があることは明らかだ。


リップルの共同設立者Jed McCalebは非中央集権的取引ソリューションへの変化が絶対的に必要だと信じようとしている。取引に適用するだけでなく、潜在的な仮想通貨ブロックチェーンを繋ぐ非中央集権的ネットワークにも自信がある。このように、新たなネットワークはSwiftやPayPalに競争をもたらせなければならない。その中央集権的側面を除いて。


誰でも参加できるこのインフラを構築することは決して簡単ではない。非中央集権的方法でネットワークノードを運用することは、大半の仮想通貨にとって非常に困難だと証明した。ビットコインの世界ですら、多くの中央集権的ノードがある。主に同一の企業がコントロールするWEBサーバーを人々がホストしているからだが。それは決してポジティブな発展ではないが、それについてできることはあまりない。リップルも同じ問題を抱えている。大半のノードを運用しているのはコミュニティでなくチームだが。


この状況が早急に変わる必要があるのは明らかだ。McCalebは現在、ただの新たなブロックチェーンではなく、インターネットレベルのプロトコルを構築しようとしている企業Stellarのために動いている。更に、企業の非営利立場は今後より魅力的なものになるだろう。

最近仮想通貨セクターはその非中央集権的側面において迷走している。ノームや価値を回復することは簡単ではないだろう。しかし熱意のあるコミュニティメンバーが取り組める。非中央集権的インターネットプロトコルレベルの仮想通貨起源のソリューションはきっと多くの変化を取り入れるだろう。しかし長期的にこのコンセプトが本当に実現可能かは注視されている。

 

(引用元)

https://themerkle.com/the-future-success-of-cryptocurrency-hinges-on-embracing-decentraliz

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓