Crypto

G20:暗号通貨は資産であると主に合意

2018年のG20首脳会議に出席する金融当局は、暗号通貨が資産であるという立場について合意に近づいていると伝えられている。

現在、G20サミットのためにブエノスアイレスに集まっている20カ国の代表が近づいているコンセンサスと一般に呼ばれるデジタルトークンという暗号通貨は通貨ではなく資産であるという。G20閣僚は、今日の午後にデジタル通貨を議論する予定です。

G20コミュニケの草案は、これは「主権の通貨の特性がない」ためであると明らかに関連している。正式に資産として定義されている場合、彼らはすでにとして、cryptocurrenciesは、他のG20諸国におけるキャピタルゲイン課税の対象となる可能性がある国はアメリカだ。

オランダ中央銀行総裁のクラース・ノット氏は、

「暗号資産、暗号トークン、つまり暗号化トークンではないことは、私が心配する限り、それが明確なメッセージになるように、私はこれらの暗号のどれもが経済におけるお金の3つの役割を果たすとは思っていない」

2018年2月、イングランド銀行のマーク・カーニー(Mark Carney)知事は、クリプトカルトは効果的な「価値の店」ではなく、「誰も彼らを交換の媒体として使用しない」ため、通貨として「失敗」したと語った。

この物語に注目すべき対位法では、FINMA、スイス(ないG20のメンバー)となる金融規制機関は、発行したガイドライン支払いトークン、ユーティリティトークン、資産トークン、およびハイブリッド・トークン、クマ:暗号通貨の 4つの異なるジャンルを説明。

(引用元)

https://www.ethnews.com/g20-summit-attendees-largely-agree-that-cryptocurrencies-are-assets

 

関連記事

G20:暗号通貨とブロックチェーンについて各国で統一した規制案を

G20ウォッチドックは仮想通貨を禁止せず、ルール改正に集中する

G20ウォッチドックは仮想通貨を禁止せず、ルール改正に集中する

フランス、ドイツの財務大臣、G20で仮想通貨議論を呼び掛ける(2018.2.9)

G20が19日開幕。気になる仮想通貨国際規制の議論。麻生氏は欠席で日本痛手か。