Crypto

G20ウォッチドックは仮想通貨を禁止せず、ルール改正に集中する

ロンドン(ロイター)によると、銀行の混乱を引き起こし、金融危機のあと市場を再建した世界の監視役は現在のルールの見直しへ方向転換し、新たに規制を作らない方針を示した。


G20のために金融規則をコーディネートした財務安定委員会(FSB)もまた、ビットコインのような仮想通貨を規制するというG20のメンバーの言葉を否定した。

仮想通貨への興味は昨年から急上昇し、価格は急騰し、規制を憂慮してここ数か月下落した。

しかし急進的な行動の合意があまりにも少ない中で、FSBは急に成長したとはいえそのピークですら世界のGDPの1%以下の価値しかないセクターのデータのギャップを埋め、監視するための、国際的な協力が必要だとした。

「FSBの評価は、仮想通貨アセットは世界金融の安定性に現時点ではリスクをもたらさないというものだ」とFSB会長Mark Carneyは、月曜か火曜にブエノスアイレスで会合するG20中央銀行や財務大臣に向けた書簡で述べている。


イングランド銀行知事の任期が終了する来年に降任するCarneyは、新たなスタンダードを作る代わりにルールのレビューに集中するオープンなウォッチドックを見ることになるだろうとした。

「金融危機を引き起こした誤りを正す段階が終わろうとしており、FSBは新たな方針のダイナミックな実現から離れ、同意されたG20のリフォームの効果の厳格な評価へ方向転換しようとしている。」とCarneyは言う。

エグゼクティブの命令

米国大統領Donald Trumpは昨年アメリカの規制当局に、より多くの貸出を奨励するために金融危機後の銀行業務やデリバティブ改革を縮小するよう命じた。

その動きは世界中の規制当局の間で恐怖となった。世界の規制当局にとって緩い立法者であった米国が、国際協力と断片化された市場に背を向けるのではないかと。

グループの4分の1は既に使えないが、FSBはよりオープンで規律のある効果的なものになるだろうとCarneyは言う。


FSBのメンバーシップは、ウォッチドックがルールを評価や修正するために「目的にフィットしているかどうか」レビューするという。

彼のメッセージで強調されていることは、レビューされる予定のルールをリストアップがされているということだ。


FSBは今年、長期的で安定的な経済成長のキーセクターになるであろう、インフラへの投資を安くするために金融ルールが変更されるか評価する。


FSBはまた、今年デリバティブ市場をより透明性のあるものにするリフォームが明確な取引に正しいインセンティブを産み出したかどうかレポートする。

ウォッチドックは小さな企業に対する現存するルールのインパクトを学び、来年変更が必要かどうかレポートするだろう。

(引用元)

https://www.reuters.com/article/us-g20-regulations-carney/g20-watchdog-focuses-on-rules-review-holds-fire-on-cryptocurrencies-idUSKBN1GU0SF

関連記事

G20:金融安定理事会「仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらさない」意見でBTC上昇

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓