Crypto

ジョージソロスが仮想通貨に参戦準備?

Bloombergによると、ジョージソロスが仮想通貨トレードに参戦準備との事です。売り買いどのように参戦するかわかりませんが、仮想通貨業界としてはビックニュースになりそうです。

なんといっても世界3大投資家として有名な方が参戦することになるのですから。

世界3大投資家はウォーレン・バフェット、ジム・ロジャーズそして、ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日生まれ)です。

以下はBloombergの翻訳記事です。

  • ソロスは1月に暗号通貨資産を「バブル」と呼んだ

George Sorosは1月にcryptocurrenciesをバブルと呼んだ。

彼の所有する資産260億ドルの事務所は仮想通貨を取引する予定です。

ニューヨークに拠点を置くSoros Fund Managementのマクロ投資を監督するAdam Fisher氏は、この数ヶ月間、バーチャルコインを交換するための内部認可を得たが、まだ賭けをしていないという。スポークスマンはコメントすることを拒否した。

ソロスはダボスの世界経済フォーラムで、仮想通貨はバブル的で実際の通貨として機能することができないと述べていました。しかし、彼は一部のオブザーバーが当時予想していたハードな転落を予測しなかった。

ソロス(87)は1月25日、「独裁政権があれば、別の結末を迎えるだろう。その国の支配者たちはBitcoinに戻って巣の卵を作る」と語った。

億万長者の投資家が彼の発言をして以来、Bitcoinは41%落ちた。過去6ヵ月間の資産のホイップショットにより、一部の投資家はそれを取引する価値を疑うことになりました。元ヘッジファンドマネージャーのMike Novogratz氏は、12月に暗号基金を立ち上げる計画を発表し、関連技術に基づいた暗号化通貨とベンチャーに焦点を当てた商業銀行に努力している。

続きを読む:Crypto Hedge-Fund Bubbleが返品返品として収縮し始める

他のマクロ・マネージャーは、ヘッジファンドからの利益が減少するにつれて、デジタルコインに目を向けました。昨年の彼のメインファンドを閉鎖したジョン・バーバンクは、デジタル通貨に投資する2つのファンドに対して1億5,000万ドルを調達する予定です。彼のパスポート・キャピタルは1月に資金を調達し、主に家族のオフィスやその他の富裕層からの投資を求めていた。

億万長者アラン・ハワードは、昨年、彼の会社とは別の大規模な個人的な賭け金を貨幣流通で作り、デジタル資産とその背後にあるブロックチェーン技術に自分の資金をもっと投入する予定です。

ソロスは既に間接的に暗号に賭けている。同社は第4四半期にOverstock.comの株式を取得し、これをディスカウント電子商取引会社の第3位の株主にした。2017年8月、デジタル通貨を受け入れる最初の主要小売業者となりました。同社はまた、プラットフォーム上で取引できるデジタルコインを提供するだけでなく、暗号化通貨の交換を開始する予定でした。

3月に、Overstock.comは証券取引委員会が提案したICOを調査中であることを明らかにした。公開後、株価は約40%下落した。

デジタル資産の投資家は、政府の介入の可能性も増しています。世界中の中央銀行が暗号化通信のメリットとリスクを調査している一方で、世界で最も忙しいBitcoin市場の1つである韓国の規制当局は、不正行為の疑惑の中でこうした取引を断裂している。

 

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-06/george-soros-prepares-to-trade-cryptocurrencies-as-prices-plunge