Crypto

GoogleがChromeからの仮想通貨マイニングブラウザ拡張機能を禁止

Googleは、Chromeストアからの仮想通貨マイニングブラウザ拡張機能を禁止しました。

米国の技術大手は、7月に、マイニングを容易にする既存のブラウザ拡張機能を削除することを決定したと月曜日に発表しました。しかし、他のブロックチェーン関連の拡張機能は引き続き許可されるとしています。

Googleは以前はマイニングに専念し、明示的にユーザーにその目的を伝えている限り、Chromeのマイニング拡張機能を許可していました。しかし、その方針は、不適合なアドオンを抑止するか、または排除するのに十分ではありませんでした。

Chromeのソースコードを提供するためにGoogleが開始したオープンソースの取り組みであるChromium Projectからのフォーラム記事では、開発者が去年の秋以降のマイニング拡張機能について懸念していることを示しています。

Wiredによると、Chromeウェブストアに提出されたマイニング拡張機能の大部分が単一使用ポリシーに準拠しなかったため、Googleは月曜日の禁止を実施することに決めたとしています。

Googleの拡張機能プラットフォーム製品マネージャーであるJames Wagnerは、「健全な拡張機能エコシステムを維持する鍵は、プラットフォームをオープンかつ柔軟に保つことです。これにより、開発者はChromeブラウザユーザーのための創造的で革新的なカスタマイズを構築できます。」とし、彼はさらに次のように説明しました:

このため、レビューのために提出されたマイニング拡張機能の大半が当社の単一目的のポリシーに従わなかったか、または悪意を持っていたことが明らかになるまで、仮想通貨マイニングスクリプトによる拡張機能の禁止を延期することにしました。

このマイニング拡張機能の禁止は、Googleが仮想通貨関連の広告を禁止する計画を発表してから1ヵ月も経たないうちに採択されました。

近年、秘密裏の仮想通貨マイニングがますます一般的になっており、政府や大企業も同様の被害を受けています。

たとえば、2月に電気自動車メーカーのTeslaのクラウドは、マイニングマルウェアによって侵害され、また英国政府のウェブサイトは、同じ時期にマイニングマルウェアによって悪用されました。

そして1月、サイバーセキュリティ企業Trend Microは、Google自体が犠牲者で、ダブルクリックAdsが仮想通貨マイニングマルウェアの拡散に使用されていることを発見しました。

(引用元)

https://www.coindesk.com/google-bans-crypto-mining-browser-extensions-chrome/