Crypto

ICOで意識したい9つのトークンの種類について簡単にご紹介

こんにちは。今回はICOの投資では欠かせないトークンの種類を紹介します。トークンと一口に言っても実はかなり種類があるのは皆さんおわかりの通り。それでは、何が違うのか?技術的側面と用途の側面から分類してご紹介します!

CounterPartyトークン

「トークンの中で最も歴史がある*1」と言われます。Bitcoinのブロックチェーン上から発行されます。主に、XCP、ZAIFトークン、BitCrystals、PEPECASH、SJCXなどが有名です。

ERC-20トークン


「ERC-20トークンはEthereumブロックチェーン上に発行されるトークンです。*1」主に、OmiseGo、TenxPAY、Storj、Binancecoin、ALIS、ETH:CMS、QASHなどが有名。

Mosaicトークン

「MosaicトークンはNEMのブロックチェーン上で発行されるトークンです。*1」主に、XEM:CMS、Dimcoinなどが有名。

MonaPartyトークン

「Monacoinのブロックチェーンをプラットフォームに発行するトークン」です。有名なのはXMPです。

上記では技術的側面から分類しましたが、以下では用途によって分類してみました。

仮想通貨型トークン

「決済手段や送金手段として用いられることを想定して発行されるトークン*2」。

会員権型トークン

「トークンの保有数によって事業者側から会員優待を受けられるトークン*2」。

プリペイド型トークン

「事業者側が提供する商品の購入やサービスの利用料などといった、対価として利用できるトークン*2」。

ファンド持ち分型トークン

「保有数の割合に応じた収益を受けることができるトークン*2」。

アプリケーション・プラットフォーム型トークン

「ネットワーク上に存在するアプリケーションプラットフォームを利用するために必要となるトークン*2」。

以上、簡単ですがトークンをまとめて紹介してみました!非常に簡単ではありますが、これだけ知っておけば、トークンの名前が出た時にどれに当てはまるかなーと検討がついて、購入の目安になると思います。

引用元*1:http://touroukawaii.hateblo.jp/entry/token#%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4

   *2:https://boxil.jp/token/a3296/#3296-5