Crypto

イランの大統領はTelegramの禁止と国によるサービス開発をほのめかした

噂に反して、今日イランの大統領Hassan Rouhaniは国は任期の仮想通貨メッセンジャープラットフォームTelegramの禁止を計画していないと発言した。Rouhaniは高官国家当局と会議し、代わりにイランは国のTelegramの独占を終わらせるメッセンジャーアプリを導入するだろうと説明した。


この案件についての報告書への反応で、Rouhaniは「強く、安全で、低コストな、人々のニーズや問題を解決するイラン製のメッセンジャーアプリは国民の誇りとなるだろう」言った。


「イラン製のソフトウェアとメッセンジャーアプリを作成し強化する目標は(その他のアプリを)阻止することではない。(目標は)独占の排除だ。」


禁止の可能性についての噂は発言して注目を集めた。3月31日に議会国家安全保障外交委員会委員長Alaeddin Boroujerdiは「Telegramの破壊的な役割」に終止符を打ちイラン製のアプリにTelegramをとって代わらせるため、決定は政府の「最高レベル」でなされた。


Telegramが調達金額17億ドルという世界最大の二度目のICOを完了したあと、ニュースは1週間以内に広まった。ICOはTelegram Open Network (TON)を構築するために開催された。「速く、スケーラビリティがあり、ユーザーフレンドリー」な仮想通貨とブロックチェーンプラットフォーム。それは明らかにイランが困惑するものだった。

Telegramの禁止

最近、イランのMPのMohammad Reza BadamchiがTelegramをテヘランでレポーターに答えたところによると、Telegramの禁止は200,000の仕事の減少をもたらし、50万人の金融情勢を悪化させるとのことだ。現在4,000万のアプリ利用者が同国におり、多くのEコマース小ビジネスは運営を維持し拡大するためにそれに頼っている。

禁止はイランで繊細な問題で、同国は人権について良い歴史を持っていない。イランの権威者はTelegramとInstagramの両方を数日間禁止し、警察は去る12月と1月に100以上のイランの街で激高した数人のサイバー活動者を反抗者として逮捕した。デモが最初の勢いを失った途端、禁止令は解除された。

イラン製のメッセンジャーアプリ

昨日、2人のMPが自国製のアプリへの国民の信頼度を測る世論調査を求めた。2人のPMはこう言った。

「Telegramの禁止は国民と州政府関係者との溝を拡大し、国民の政府への不信を深めるでしょう。」

MPでエレクトロニック・ビジネスを保護するマジレス委員会メンバーのFatemeh Saeediは、世論調査のアイディアを推し進め、海外のメッセンジャーアプリをフィルターにかけることは国民がイラン製のアプリを使用することを促進することにはならないとイラン労働通信機関に話した。


「世論調査の結果に基づいて、バーチャルネットワークへの国民のアクセスを制限するのではなく我々は方針を考え直すべき」と彼女は言う。また「Telegramの禁止は大きな間違い。世界の現実を単純に無視できない。」とも言った。


更に、マジレス委員会の議長Parvaneh MafiはTelegramの禁止による社会的結果を警告した。「Telegramの禁止は国民の政府への不信感を深め、国の社会資本を危険にさらし、危機に陥れるだろう」とMafiの発言をイラン学生のニュースエージェンシーは伝えた。

「国民はイラン製のメッセンジャーサービスを信じない。これは国の決定システムに対する不信の表れだ。」とMafiは追加した。

 

(引用元)

https://www.newsbtc.com/2018/04/04/irans-president-speaks-out-against-a-possible-ban-on-telegram-but-hints-at-the-creation-of-a-homegrown-messaging-app-to-replace-it/