Crypto

イスラエルの銀行紛争におけるビットコイン仲介業者の為の最高裁判所による規則

イスラエルに拠点を置く仮想通貨仲介業者は、現在のところ、国の最高裁判所の介入のおかげで、銀行口座を閉鎖することはありません。

The Markerの報告によれば、2013年にサービスを開始したBits of Goldは、ビジネスモデルのためにLeumi銀行の口座を閉鎖することになりました。この問題は、昨年秋に、銀行関係の職員が、仮想通貨のユーザーや企業が保有するアカウントをより詳細に調べ始めるとされていたとこに遡ります。

しかし、2月26日の最高裁判所の判決では、Bits of Goldによる上訴後の一時的差し止め命令で、問題の正式な見直しが行われるまで閉鎖を延期しているとしています。命令で、裁判官は、Leumi銀行によって表された懸念は単に投機的であり、Bits of Goldは、その年の間の運営で「透明性をもって行動し、法律の条項に違反しなかった」と書いています。

しかし、一時的差し止め命令は、必ずしもBits of Goldが銀行アクセスを維持することを意味するものではなく、銀行は依然として口座に関連する特定の活動を精査する権利を有している旨の裁定を示しています。それは、判決自体の結果と性質が、不確実性の中での執行のためにスタートアップに原因を与えているということです。

「裁判所の決定は、私たちがイスラエルの仮想通貨コミュニティーの成長に焦点を当てることを可能にする。私たちは仮想通貨取引のルールの作成を最初に要求し、そのルールやその他のものを順守した。我々は、イスラエルのハイテクおよびフィンテック業界の大規模な成長エンジンとして、仮想通貨を適切な場所に提供するためにこの分野を引き続きリードする」とGold of BitsのCEO、Youval Rouachは声明のなかで述べています。

最近の政府の声明の結果、仮想通貨を中心としたイスラエルの規制上のイメージがより明確になるにつれて、開発が行われています。2月19日、国の税務署はビットコインを資産の一種として扱い、いかなる利益もキャピタルゲイン税の対象となることを明らかにしました。

(引用元)

https://www.coindesk.com/israeli-supreme-court-rules-for-bitcoin-broker-in-bank-dispute/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓