Crypto

仮想通貨融資プラットフォームLavenirが4月4日にICOをローンチ

Lavenirは4月4日にICOを開始し5月4日終了予定の最新の仮想通貨だ。融資プロセスを電子化する市場にとって新たな改革となる。

新たにローンチされる融資プラットフォームの仮想通貨Lavenirは4月4日にICOをひかえており2018年5月4日に終了する。1Ethereumあたり1,000Lavenir (LVR)の価値となり、早期の投資家はICOを通して様々なボーナスを受け取れる。Lavenirプラットフォームは個人がサイトに仮想通貨をデポジットし、それを利払いのためにサイトに貸すことができる。


Lavenirは個人がプロの仮想通貨トレーダーに対する投資を可能にし、予め設定された金利に基づき利益を受け取るのを可能にすることで仮想通貨取引に新たな改革をもたらす。ビットコインのみ受け取る他の投資サイトと異なり、Lavenirはビットコイン、ライトコイン、Ethereum、Dash、Monero、Rippleを含む様々な仮想通貨を受け取る。将来的に投資家のニーズに合わせて新しい仮想通貨が追加される可能性がある。プラットフォームは何年も仮想通貨取引や株式や債券などの金融商品の経験がある専門のプロフェッショナルチームにより支えられている。同時に、仮想通貨市場に携わっていたレベルにかかわらず、仮想通貨投資を投資家にとってより利益率の高いものにしようとしている。

Lavenirは投資家に長期的成長のポテンシャルを提供する独特なプラットフォームだ。これは、プラットフォームの長期ビジョンに合致する様々な投資条件とレートを提供し、最終的に投資家に信頼できる収入源を提供するために、仮想通貨投資の収益を安定させ、確実かつ信頼できる方法で提供する。このプラットフォームで提供される金利は、より持続可能なビジネスモデルに対応するための他の同様の融資プラットフォームより低い。不当に高い金利が求められるような不正な融資プラットフォームとは異なり、投資家に支払うプラットフォームの能力は損なわれることはない。即効で裕福になれるスキームではないが、投資家はプラットフォームへ投資することで長期的に大きな利益を得ることができる。


更に、投資が行われた後に金利が変動する可能性のある他の仮想通貨融資プラットフォームとは異なり、収益を計算する際の複雑な式のために、Lavenirは投資が行われた時点で金利を確定して変更しない。また、投資家により好感を持たせるために、LVRの利払いは日々の基準で保証されている。


定期的に変動する仮想通貨市場で、Lavenirは高収益と低収益の日のバランスを取る投資戦略を採用した。そのため投資家は長期的に利益を得ることが可能だ。

LavenirとICOの詳細はwww.lavenir.ioまで。



(引用元)

https://themerkle.com/lavenir-the-cryptocurrency-lending-platform-will-launch-its-ico-on-april-4/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓