Crypto

リトアニアの銀行グループ、仮想通貨投資を警告

リトアニアの自治銀行組織が、仮想通貨に関連するリスクに関して国内投資家に警告を発しました。

リトアニア銀行協会(Lithuania Banking Association)は、火曜日に出された声明で、最近、仮想通貨が非常に注目されているが、依然として国内投資家には不明瞭であると述べています。そして、そのようなリトアニアの投資家は、デジタル資産を扱う際には慎重であるように勧められました。

声明によると以下のようになっています:

仮想通貨に投資することを決めた人は、自分たちの責任においてのみ行うことを認識しなければなりません。仮想通貨は無人で規制されていません。仮想通貨の今日の価値は投機に基づいており、そのような通貨の取引は通常、取消不能で匿名です。

金融技術と関連する規制について一般に知らせるために自治体として創設されたこの協会は、スウェーデン銀行、SEBグループ、ダンスケ銀行、LKU信用組合グループなど、主要な金融機関から構成されています。

同協会はさらに、リトアニアの中央銀行であるリトアニア銀行と連携して、仮想通貨に関連する活動との距離を保つことを計画していると述べました。

協会は、「LBAメンバーは、リトアニア銀行の立場を厳格に遵守し、仮想通貨からの活動を明確に切り離し、関連するサービスを提供しないようにする」と述べました。

このコメントはまた、中央銀行が領土内のICOなどの仮想通貨関連ビジネスの発展を監視する努力を強化していることからも出てきています。

わずか数週間前に、リトアニア銀行は、証券を提供していることを規制当局によって決定された約8000万ユーロ(約9780万ドル)を調達した国内ICOに関する調査を開始しました。
この行動は、中央銀行が発表した以前のICOガイダンスに従ったものであります。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/lithuanian-banking-group-warns-over-crypto-investments/