Crypto

ビットコインの価格は「ナスダックの15倍速い」とモルガンスタンレーが語る

モルガン・スタンレーが3月19日の講演で顧客に語ったところによると、ビットコインの価格は2000年のナスダックに「驚異的に似ている」という。

金融サービスの巨人のアナリストSheena Shahのリサーチによると、ビットコインの乱高下は非常にナスダックに似ている。しかしイベントが起きるのが「約15倍速い」。


「2000年のナスダックの弱気な市場は5回の価格低下を経験し、平均すると驚くほど類似した額の44%になる」とCNBCでShahは言う。

2017年12月に20,000ドルに達し、2か月後には70%減少した最大の仮想通貨であるビットコインの現在価格を説明するメインストリームの金融における最近の試みと比較している。

ゴールドマンサックスなどのプレイヤーはビットコインが価格バブルに陥ると話し続けていた。企業は2018年2月に疑わしい仮想通貨バブルがはじけて世界のGDPの約1%に影響を与えるとした。

仮想通貨は世界金融の安定性にとって脅威にならないという今週のG20サミットの規制当局のコメントのため、今週BTC/USDは約8,000ドルで上下が続いており、ほぼ24時間で価格は1,000ドル増えている。

ビットコインとナスダックの関連性について説明を続けると、モルガンスタンレーもアルトコインTether (USDT)の発行と取引を指摘した。


注目に値するのは1ドルで安定しており、Tetherが産業に参入し、規制当局の監視下に置かれ、発行が変動した後、ビットコインの価格変動に寄与しているように見えることだ。しかし、USDTの利用は「興味深い発展だ」と企業は言う。

「先の数年で、市場の注目はどんどん、銀行のシステムのみならず分散型台帳での取引で、仮想通貨とトークンのクロス取引に向かうと思う」と講演で述べた。

 

(引用元)

https://cointelegraph.com/news/morgan-stanley-bitcoins-price-story-is-nasdaq-15-times-faster

 

関連記事:G20:金融安定理事会「仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらさない」意見でBTC上昇