Crypto

新たな税金はタイに仮想通貨取引の終了をもたらす

タイで新たなデジタル・アセットの取引を規制する勅令が3月27日に可決された。潜在的なICOは30日以内にSECへその計画を伝えなければならず、キャピタルゲイン税が増加し、全てのデジタル・アセットが7%の追加付加価値税を負うこととなった。

タイの仮想通貨トレーダーは22%の税金を負う

NewsBTCによると、タイの税務課は仮想通貨への投資の利益に対して10%のキャピタルゲイン税を付与する修正案を内閣へ送った。


税金はICOを含む仮想通貨市場の全ての面でSECに包括的な規制権限を与える勅令の一部だ。火曜日に、新たな勅令の草案が内閣に認められた。Bangkok Postによると、そこにはデイトレーダーにとって少々驚くべきことが記されていたという。


まず、内閣により一般的で軽微なデジタル資産の再定義がなされている。以前言及された電子データを除いた仮想通貨とデジタルトークンのみについてだが。


新たな草案はいかなる仮想通貨関連のキャピタルゲイン税も徴収しつつ、7%から最高で15%の付加価値税(VAT)も含む。これは利益の有無にかかわらず全てのデジタル取引に7%VATはかかるという警告だ。


2週間前の草案から変更された新たな草案による7%VATだけでなく、キャピタルゲイン税は10から15へ5%上昇した。そしてトレーダーにとって耐え難いパーセンテージカットが即座に損益の式に追加される。これはタイの仮想通貨取引をほぼ実現不可能なものにし、軍事政権は引き続き厳しいものとなる。

ICOの計画は30日間増加した

二重の税加算に加えて、新たな草案は、ICOはSECへ60日から90日の計画を伝える期間を設けた。

修正案は、市場の参加者が60日は妥当ではないと主張した後に作られたと財務大臣Apisak Tantivorawongは言う。

規制はICO資金調達の一過性について議論を起こした。純粋な投資家が悪意のある悪いアクターによって利用される可能性がある。1997年のアジアの金融危機で投資家がデューデリジェンス無しにトレンドに飛び込んだ例を挙げる者もいる。


Tantivorawong氏は次のように述べている。


「勅令はSECが法律を通過し規制を作ることを可能にする幅広い規制フレームワークを提供するだろう。それは小売投資家を守り、巨大なプレーヤーを監視することになる。」

技術評論家はスタートアップがタイをビジネスの場だと認識するために政府がICOを促進することを期待した。しかし財務大臣TantivorawongはTantivorawongは、健全な計画を立てる企業は、クラウドソーシングに頼らずに資金を調達できると反論した。法律は今月施行が予定されている。

 

(引用元)

https://www.newsbtc.com/2018/03/29/new-tax-mean-end-cryptocurrency-trading-thailand/#

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓