Crypto

SECのRedfearnによると、登録済みATSは仮想通貨をホストしない

木曜日、SECの取引および市場ディレクターはどの取引所や代替取引システム(ATSs)も現在仮想通貨取引をサポートしていないと述べた。これはATSを通した、少なくとも1企業の取引デジタルアセットへの興味に反するものだ。


2018年3月22日、SECの貿易と市場部門ディレクターBrett Redfearnは、預託信託会社(DTCC’s)のフィンテックシンポジウムでスピーチした。彼によると、普通の古い株式市場のページをめくり仮想通貨取引所は改善できるとした。


以前にもJPモルガンの法人および投資銀行の市場構造のグローバルヘッドRedfearnは仮想通貨取引はよくなると示唆した。それは最良執行、取引で消費者にとって「最も良い条件」を提示するブローカーへの法的要求、市場調査などを導入することによるものだ。


彼はどんな仮想通貨取引も登録された取引所やATSで行われないと示した。デジタルアセット市場は「未開拓」のようだ。


今月上旬SECは、取引所を運用し、有価証券であるデジタル資産の取引をサポートするプラットフォームは当局に登録しなければならにと説明するリマインダーを発行した。現在までATSとして登録した、仮想通貨取引を検討している唯一の企業はLiquid M Capitalだ。しかし、プラットフォームはまだ運用されていない。


同社はETHNewsのより多くの情報へのリクエストには答えなかった。

偶然だが、ロイターが本日レポートしたところによると、DTCCは買戻し取引の清算および決済のためのブロックチェーンベースシステムへの取り組みを辞めた。これはDTCCの清算代理業務の責任者Murray Pozmanterによるものだ。

 

(引用元)

https://www.ethnews.com/no-registered-alternative-trading-system-hosts-cryptocurrencies-says-secs-redfea

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓