Crypto

PBoCのYao:中国のデジタル通貨は暗号化されているべきである

この分野における中央銀行の研究を先導するYao Qianによると、中国人民銀行が公表した中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)には、仮想通貨の要素を組み込まなければならないとしています。

火曜日に中国ビジネス報道機関Yicaiによって公になった、彼の最新の意見では、中央銀行のデジタル通貨研究所の責任者であるYaoは、CBDCの発展に向けた技術的アプローチについての彼のビジョンをさらに説明しました。

PBoCが発行を集中化する可能性が高いと認めている一方で、取引におけるプライバシーを高める可能性のある手順を含むこのような機能は、将来の通貨をより競争力のあるものにするのに役立つだろうと同氏は書いています。

Yaoは次のように主張しています:

現在の段階では、CBDCは主に法定通貨のデジタル化に焦点を当てることがあります。しかし、CBDCが今後さらに多くの機能を統合することは避けられません。法定通貨を厳格に模倣してデジタル化するアプローチは、長期的にCBDCの競争力を損なう可能性があります。

 

研究室長のコメントは、この問題に関する中国の中央銀行の考え方に新しいきっかけをもたらしています。彼の論評は、1月のPBoC副総裁Fan Yifeiによる署名入り記事に続くもので、特に、CBDCと分散化された仮想通貨とを区別しています。

しかし、Yaoは、それでもなお長期的には、中国のCBDCには仮想通貨の重要な機能がいくつか含まれているべきだと彼の意見の中で主張しています。

たとえば、彼は、顧客と銀行の両方によって維持される二重管理メカニズムを利用する既存の商業銀行の間で、大部分の仮想通貨で使用される公開鍵と秘密鍵の概念に類似した仮想通貨ウォレットが顧客口座に導入されるシナリオを概説しています。

また、Yaoは、中国のCBDCはある程度の匿名性を採用することができるとし、中央銀行はよりプライベートな取引環境を利用してユーザーエクスペリエンスを向上させ、プライバシー保護を強化することによる利点を考慮するべきだと述べました。

「実名のバックエンドを持つ匿名のフロントエンド」とYaoは記しました。

その考え方は、以前に署名入り記事において、CBDCは消費者から消費者への支払いの観点からは匿名であるが、透明性は中央銀行の発行体制において不可欠であるとFanによっておそらく共有されています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/pbocs-yao-qian-state-digital-currency-can-still-be-cryptocurrency/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓