Crypto

Rippleは大手米国取引所と大金で取引している

仮想通貨が大手取引所のリストに載るのに何が必要かを垣間見ることは簡単ではない。しかし今日、市場規模で第3位のRippleがXRPコインがビットコインやイーサリアムについで大手取引プラットフォームのリストに載る期間を知った。

Bloombergによると、クロスボーダー決済スタートアップは数百万ドルをXRPの獲得のために最も換金性の高い米国の取引プラットフォームで支払うだろう。報告によると、Rippleはリスト化でCoinbaseと同様に名声のあるGemini of Winklevoss twinsというビットコイン取引へ「金融的インセンティブ」を提供した。株式市場でリストに載るためい支払うことは基本的プロセスだが、緩く規制されていない仮想通貨市場では必ずしも必要でなはい。

Rippleは100万ドルの現金をGeminiの2017年3期のリストのために支払い、1億ドルのXRPでの融資を投資家が取引できるCoinbaseへ申し出たと報告されている。報告ではRippleは法定通貨かXRPで決済をとる示唆している。それは米国ベースの取引所が取引から利益を得る機会を与える。


Rippleの広報は詳細のいくつかや不透明なものは否定した。Bloombergに伝えたところによると「我々はXRPが速く、安く、グローバル決済を可能にする最も換金性が高いデジタル資産にしたい。」という。

しかし市場の参加者は米国の政策立案者が仮想通貨の規制フレームワークを明らかにすると心配している。XRPは証券キャンプにおさまるだろう。しかし、投機が多くなればなるほど、XRPをサポートしようとする大手取引所がより多くなり、より多くのデジタルコインの価格が恩恵を受けるだろう。2017年末と先月のように。



グレーゾーン

投資家はXRPを欲しくないわけではない。フォーラムやソーシャルメディア上で需要はある。しかしRippleはこれらの大手米国取引プラットフォームでリスト化を安全なものにはできない。サンフランシスコベースのRippleが、仮想通貨企業と世界中の従来の銀行の架け橋となるブロックチェーンスタートアップであるという事実に反して。

Autonomous Researchによると、換金性の面でより速いアクセスを提供するハイエンドの領域では、リストに載るには発行者に100万ドルから300万ドルコストがかかる。弁護士はBloombergの話から引用してこう言う。RippleがCoinbaseとGeminiに提案したものは非常に合法的だ。

しかしグレーゾーンはXRPでもそうでなくても安全なトークンとして特徴づけられるが、その場合不明確になる。例えば、規制当局がXRPが規制されていないセキュリティであると判断した場合、遅くにICOトークンをラベリングしているので、Rippleとそれをサポートする取引所との両方の問題に繋がるかもしれない。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/ripple-would-pay-to-play-on-major-us-exchanges-report/