Crypto

Robinhoodは手数料無料の仮想通貨取引を米国の4つの州で開始

投資家は今ではビットコインやEthereumを米国の一握りの州で無料で取引できる。公約通り、カリフォルニアベースのオンライン証券会社Robinhood FinancialのPalo Altoは手数料無料の取引をカリフォルニア、マサチューセッツ、ミズーリ、モンタナで本格展開したと同社はTwitterで公表した。CCNが以前報じたように、利用者は基本的な取引の手数料は支払うが、資産への素早いアクセスは担保される。

Robinhood Cryptoのローンチに何らかの不具合があったかもしれない。依然としてアクセスできないと訴えているロールアウト状態のTwitterフォロワーがいるからだ。 他は、仮想通貨に加えて、株式、オプション、ETF取引をサポートするアプリが上手く動いていると述べた。


Robinhood Cryptoの拡大は、現在2,000万人以上のユーザーと1,500億ドル以上の取引を誇る米国の取引プラットフォームCoinbaseを含めて、投資家が選択する数百もの他のビットコイン取引に競争をもたらす。 コインベースの米国取引手数料は1.5%から4%だ。

Robinhoodは、手数料から収益を生み出すのではない。ユーザーアカウントで発生した利子に依存している。また、Robinhood Goldにアップグレードして即時預金金額を高めて、取引のために借り入れた資金にアクセスするユーザーに対して料金ベースおよび階層ベースのサブスクリプションモデルを使用する。 Robinhoodは、仮想通貨に100%専念しているわけではなく、株式市場の投資もサポートする。 しかし、仮想通貨以前ですら、彼らのアプローチは、投資に関連する多額の手数料を削減することだった。ウェブサイトのように、仲介手引やツールによる”ただ裕福なだけでない”利益が得られる。

より多くの州でより多くのアルトコインを

RobinhoodのTwitterフォロワーは、フロリダのような他の州の投資家やAltcoinをいつ追加するかについて、またプラットフォームがいつ投資家に公開されるのかを尋ねた。しかし、1週間のうちに100万人以上の投資家が一瞬で事前登録され、何百万もの人が待機リストに載っていたことを考慮すると、多くの米国のトレーダーはRobinhoodのおかげで重大な節目を迎えた。

Robinhood Cryptoはニューハンプシャーでも展開すると予想されていたが、Robinhood氏はこの展開は「段階的」で「より多くの州で仮想通貨取引機能をリリースする予定」と付け加えた。 AndroidとiOSで利用できる。

トレーダーはBTCとETHの取引に限定されるが、数多くのアルトコイン以上に市場データにアクセスすることができる。 Robinhood Cryptoは、預金や株式売却を通じた資金への「即時アクセス」の機能を提供している。これは、資金が他のプラットフォームに移送されるのを待つ代わりに、トレーダーが好むような合理的なアプローチである。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/robinhood-crypto-launches-commission-free-trading-in-4-us-states/