Crypto

シンガポール、仮想通貨投資家を保護する新たなルールが非常に重要である

シンガポールの事実上の中央銀行であるシンガポール金融庁(MAS)は、仮想通貨投資家を保護するために新たなルールが必要かどうかを検討していると伝えられています。

ロイター通信によると、Ong Chong Tee(MAS副局長)は、声明の中で、当局が現在、「投資家保護の分野で追加の規制が必要かどうかを評価している」と述べているが、詳細について詳しくは触れられていません。

このコメントは、シンガポールの仮想通貨取引所に新たな規制の枠組みが課せられる可能性があることを示しており、これは金融庁がすでに国内の仮想通貨活動に細心の注意を払っているためです。

CoinDeskの報告によると、議会の質問に応えて、MASのTharman Shanmugaratnam会長は以前、シンガポールは仮想通貨取引を禁止する見込みはないが、当局は取引所に関するマネーロンダリングとテロ資金規制を課すことを検討しています。

最新の声明はまた、昨年12月の当局の警告に続き、ビットコインの価格が約20,000ドルの過去最高値に達した時点で、投資家は当局によって規制されていない仮想通貨を扱う際に非常に慎重でなければならないとしています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/singapore-weighs-need-for-new-rules-to-protect-crypto-investors/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓