Crypto

タイは仮想通貨取引と投資へ課税を表明

タイの財務大臣は規制とセクターを課税する合理的なプロセスが進む中、仮想通貨取引と投資に対する税率を説明した。

3月27日の週毎の内閣議会で話した後、タイの財務大臣Apisak Tantivorawongはすべての小売取引と仮想通貨投資の収益を網羅した、政府の税引き枠組みを発表した。投資家は収益の15%のキャピタルゲイン税に加えて、仮想通貨取引における付加価値税の7%を支払う必要がある、と日本経済新聞は報じた。


3月半ばに報じられたように、政府の幹部であるタイの内閣は、仮想通貨取引の規制や仮想通貨関連の投資への課税について考慮しつつ2つの勅令原稿を既に許可した。タイの副首相ウィッサヌ・クレア・ナガム(Bissonu Krea-ngam)は、内閣が新興であるが成長している国内のICOと仮想通貨セクターを「包括的に規制」するよう求めている。

日本経済新聞の報道によると、タイの与党軍事政権は、拡大しているセクターがマネーロンダリングや脱税などの犯罪行為に使われるのを防ぐため、投資家が税金でデジタルコインを手にするのを阻止することを狙っている。 代理首相のWissanuは以前、新しい法律がタイの仮想通貨活動やICOを抑制または禁止するのではなく、代わりに採用者を守ることを強調している。

保守的でソフトなアプローチでセクターを規制する政府の動きは、タイのFintech Associationの会長を務めるタイの旧財務相であるKorn Chatikavanijの支援を受けている。 前財務相は「保守的な本能が、厳格な規制を課すことを許さないよう慎重でなければならない」と述べた。

Korn氏はまた、シンガポールのような技術的な目標地にスタートアップを登録しているタイの起業家の成長傾向について、初期のICOによる資金調達のより厳しい規制環境を実証していると警告した。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/thailand-cryptocurrency-tax-rates/