Crypto

Twitterは今後2週間で仮想通貨の広告を禁止すると報道される

FacebookとGoogleの足跡をたどって、Twitterは仮想通貨に関連する広告の禁止を計画していると言われています。

Sky Newsは米国時間午後、米国のソーシャルネットワーキング大手は、今後2週間以内に、限定的な例外を除いて、仮想通貨、取引所、ICOに関連する広告をブロックする方針を発表すると報道しました。

Twitterの代表は、CoinDeskへのEメールの返信で、同社は現在コメントしていないとしているが、報告書を否定しなかったと述べました。

業界関係者や企業をブロックするだけでなく、規制当局によって批判された仮想通貨トークンの提供を促進する有名人や、投資家を欺くために実際のアカウントを詐称する詐欺師と同様に、Twitterは人気のあるフォーラムになったので、この動きは注目に値すると言われています。

それは、今月初めに、TwitterのCEOで創業者のJack Dorseyから、プラットフォーム上の仮想通貨詐欺師の惨劇への取り組みを2倍にするとのコメントに続いています。

一方、GoogleとFacebookは最近、仮想通貨関連の広告コンテンツを削除するためのポリシー変更を実施しています。

Facebookは1月下旬のブログ記事で、「バイナリオプション、ICO、仮想通貨など、誤解を招くような詐欺的な宣伝活動に頻繁に関連する金融商品やサービスを宣伝する広告をブロックする」と述べました。

インターネットの大手のGoogleは先週、6月から制限付きリストに仮想通貨を組み込み、仮想通貨取引所やトークンセールの広告を事実上禁止すると発表しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/twitter-will-ban-cryptocurrency-ads-in-two-weeks-says-report/

関連記事

【(不確実な)速報】Twitterが仮想通貨関連の広告を禁止しようとしている?