クリプトマッスル

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?〜解説から作り方まで〜

どうも!こんにちは!

クリプトマッスルです!

先日、またまたハッキング事件が起きてしましました。MyEtherWallet(マイイーサウォレット:以下MEW)ハッカーによる不正送金で17億円流出とのことです。

そんな、ある意味トレンドなMEWについてそもそも知らなかった方もいると思うので詳しく説明します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?

MEWとは、仮想通貨イーサリアムにおける代表的なウォレットで、ブラウザから利用できます。イーサリアム以外にもイーサリアムクラシック、ERC20なども保有することができます。

分類は?

MEWは昨日紹介したウォレットの種類の記事でいうとパソコン上で操作可能なデスクトップウォレットの部類に入ります。

つまり、ウェブウォレットと違ってネット上で秘密鍵を管理しているわけではないのでサイバー攻撃を受けても秘密鍵を盗まれることはありません。

ハッキング事件

では、なぜ今回ハッキング事件が起きたのか?

上記で秘密鍵を盗まれることはないとしておきながらも起きてしまった今回の事件は、実はちょっとしたカラクリがありました。それは、ウォレットがハッキングされたのではなく、サーバーがハッキングされたということです。それによりフィッシングサイトに飛ばされそこで秘密鍵を入力してしまうとイーサリアムを盗まれれてしまうというもでした。

メリット

  • 日本語対応

イーサリアムウォレットは基本的に英語または中国語対応が多いです。ですがMEWは日本語に対応しているので英語が苦手な方でも気兼ねなく利用することができます。しかし、サポートまでは日本語対応ではないので気をつけてください。

  • オンラインウォレットよりも安全

上記しましたが、サーバー上に秘密鍵を保存していないため基本的にはハッキングに関して安全なのですが、今回のようなフィッシングサイトへ飛ばされるということもあるので今後はさらに気をつけなければなりません。そこで秘密鍵をペーパーウォレットにして保管しておけばさらにセキュリティを高めることができます。

  • どの端末からでもアクセス可能

秘密鍵さえわかっていれば外出先でもどこからでもパソコンやスマホを使ってアクセスが可能です。

  • ICO通貨を保管できる

ERC20トークンにも対応しているので、イーサリアム上で発行されたICOトークンなどを保管することができます。つまり、マイナーなトークンでも新しいトークンを追加することができるためにICOで投資をする方は持っておいて損はないでしょう。

デメリット

  • 秘密鍵の管理

MEWは基本的にはセキュリティが高く便利なウォレットですが、秘密鍵を紛失してしまったり、登録の際に発行されるKeystoreファイルを保存したパソコンが破損したりすると二度と開けることができなくなってしまうという事実上凍結のデメリットがあることを覚えておきましょう。さらにそれらの再発行もありませんので慎重に秘密鍵を保管することをお勧めします。

作り方

まずは、日本語を選択してサイトを日本語仕様にします。

9文字以上のパスワードをご自分で作成します。どこかにメモするなどして忘れないようにします。

Keystoreファイルをダウンロードします。これは後にログインするときのカギとなります。そして、理解できました。続けます。を押します。

上部の黒く塗りつぶされている部分が秘密鍵となるので必ずどこかにメモをとるか印刷するなどして絶対に無くさないようにしてください。次にアドレスを保存してください。を選択したらウォレット作成の完了です。

まとめ

今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)について紹介しました。

先日、悲しくもまた新しい方法でハッキング事件が発生してしまいました。どんなにセキュリティ面を高くしても絶対に安全というのはないと思いますので、今回の事件で被害に遭っていない方もまた身を引き締めて資産の保護に徹底していってもらいたいと思います。

自分の資産は自分で守る!

 

 

関連記事

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。