Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)での入金・出金方法を徹底解説

Binance(バイナンス)での入金方法

入金するためには、まずBinanceの右上のメニューバーでFundsをクリックします。すると「Balances(資産管理)」「Deposits(入金)」「Withdrawals(出金)」「Transaction History(送金履歴)」という4つの項目が現れます。ここでは「Deposits」をクリックします。

次に画像赤枠部分で入金したい仮想通貨の銘柄を選びます。銘柄は仮想通貨の略称をアルファベット順で表示されます。リップル(XRP)のような正式名と略称が大きく異なるもの、ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)のように複数の略称があるものは注意してください。
今回は例としてリップル(XRP)を入金します。青枠部分の注意事項を確認して同意し、「Continue Deposit」をクリックします。

「Continue Deposit」をクリックすると、入金用のタグやアドレスが表示されます。仮想通貨の種類によってはタグは表示されないこともあります。このタグやアドレスは、1文字でも間違えていると入金ミスとなりますので、操作ミスしないように細心の注意を払ってください。
後は出金側の取引所やウォレットに先ほど取得したタグとアドレスを入力するだけです。

Binance(バイナンス)での出金方法

出金する方法も、基本的には入金と似ています。まずメニューバーでFundsをクリックし、「Withdrawals」を選択します。次に画像青枠部分で出金する仮想通貨の銘柄を選びます。ここでは例としてリップルを出金することにします。
基本的には出金用アドレス・タグ・数量を入力するだけですが、注意点がひとつあります。Binanceでは入金に手数料はかかりませんが、出金には手数料が必要になります。最低でも手数料分を残しておきましょう。

出金手続きを済ませると、最後に登録しているメールアドレスに出金を確認するメールが送信されます。このメールに同意し「Confirm Withdraw」をクリックすると出金完了です。

まとめ

2018年8月時点でBinanceは、100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。取引できる選択肢として考えると取り扱っている仮想通貨の種類は多い方が良いです。しかし入金・出金を考えると銘柄の選択ミスを犯す可能性もあるため注意しましょう。
この他にアドレス・タグ・数量などの入力間違いが、入金・出金時に起こりやすいミスとなります。

 

▼Binance(バイナンス)について調べている方はこちらの記事もチェック▼

Binance(バイナンス)とは?概要と特徴を徹底解説

【10分でできる】Binance(バイナンス)の口座開設方法を徹底解説

【10分でできる】Binance(バイナンス)の口座開設方法を徹底解説