Bitgate(ビットゲート)の口座開設方法※新規開設停止中※

【2018/7/31~新規口座開設停止中のため、現在見る必要のない記事です】

Bitgate(ビットゲート)とは?

Bitgate(ビットゲート)は、仮想通貨交換業者であるBitgate株式会社が運営する仮想通貨サービスです。日本仮想通貨事業協会の正会員として金融庁への登録もされています。

Bitgateの4つの特徴

1.独自の仕入れ手法による手頃な販売価格
2.シンプルで使いやすい管理画面
3.円単位での購入額指定が可能
4.少額からの売買で初心者でも利用しやすい

こうしたメリットの一方で、次のようなデメリットもあります。

※1.2010年3月31日、2017年12月1日仮想通貨交換業者登録
※2.現在新規口座開設も停止中。

現在新規口座開設停止中

【重要なお知らせ】新規口座開設申込の受付停止のお知らせ
お客様各位

平素は格別のお引立てを賜りまして誠にありがとうございます。
Bitgate株式会社でございます。
2018年7月31日(火)13:00以降、個人・法人のお客様ともに、新規口座開設申込の受付を停止させて頂きますことをお知らせいたします。
新規口座開設申込の受付再開時期は、決まり次第改めてお知らせにてご案内いたします。
なお、既に口座開設済みのお客様につきましては、従前どおり、仮想通貨をお取引頂くことが可能となっております。
お客様には、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。
ご質問やご不明な点等ございましたら、下記フォームからお問い合せ下さい。
◇お問い合せフォーム:https://www.bitgate.co.jp/inquiry_form/

 

「Bitgateで口座開設したい!」といったみなさんのために、取引開始の方法を順を追って説明していきましょう。

はじめに:口座開設前に用意しておくもの

他の取引所も同様ですが、口座を開設するためには前もって準備しておくものが2点あります。

1.登録者本人のメールアドレス(携帯メール不可)
2.本人確認書類(スキャンした画像データ)

順に詳細を確認していきましょう。

1.登録者本人のメールアドレス:フリーメールでもOK

自分の名義で作成したメールアドレスが必要です。
契約しているインターネットプロバイダのものなら間違いないですが、GmailやYahooメールなどのフリーメールのアドレスでも問題ありません。

2.本人確認書類:運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど

口座開設には、ご自身の身分を証明するものが必要となります。
下記のような書類が使用可能です。

運転免許証(運転経歴証明書)
在留カード
マイナンバーカード
住民基本台帳カード
各種福祉手帳や身体障碍者手帳
パスポート(住所のページも必要)

普通の銀行口座などの開設と違い、最初から最後までWeb上で開設を行うため、前もってスマートフォンで撮影した画像を用意しておきましょう。

Bitgateの取引開始への流れ

さて、それではさっそくBitgateの口座開設方法ついて見ていきましょう。

Bitgateで取引を始めるまでには、大きく分けて4つのステップを踏む必要があります。

ステップ1:メールアドレス登録
ステップ2:基本情報入力
ステップ3:本人確認書類(データ)のアップロード
ステップ4:郵送物の受取とパスワード変更

Bitgateの口座開設

実際にWeb上での登録方法について見ていきましょう。

ステップ1:メールアドレス登録

Bitgateウェブサイトの「新規口座開設はこちら」のボタンをクリックします。

「個人のお客様」を選択し、入力欄に登録者のメールアドレスを入力し、「新規口座開設を申込む」のボタンをクリックします。

すると「メールアドレスにメールを送りました」と表示されますので、受信メールを確認しましょう。

届いているメールに記載のあるURLのリンクをクリックしてください。なお、送られてきたメールのリンクは一定時間が過ぎると期限切れとなりエラー表示となってしまうので、届いたらすぐにクリックしましょう。

「約款チェック」の画面になります。すべてにチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックします。

次のステップからは基本情報を入力していきます。

ステップ2:基本情報入力

氏名と性別を入力します。

生年月日、住所、電話番号、出金先金融機関を入力します。

ビットコインアドレス、出金時パスワード、「外国の重要な公人」についてを入力します。「外国の重要な公人」に当てはまる人は非常に少ないと思われるので、普通は該当しませんにチェックを入れればOKです。

職業、取引目的を入力しましょう。

ここまでで、基本情報の入力は完了です。次のステップでは、身分証明書のアップロードを行っていきます。

ステップ3:本人確認書類(データ)のアップロード

「本人確認書類のアップロード」の項目で、「ファイル選択」ボタンを押して用意した本人確認書類のデータファイルを選択しアップロードします。使用できるデータファイルの種類は、JPEG、GIF、BMP、PNG、PDFのいづれかになります。不鮮明な画像や一部が欠けている画像ではアップロードが行えませんので、注意しましょう。

「個人情報取り扱いについて」の内容を確認し、「確認」ボタンを押します。確認画面で間違いがなければ「送信」をクリックしましょう。

上記の作業が完了すると、Bitgateの審査を受けることになります。審査が問題なければ「ユーザーID」と「パスワード」の書かれた郵送物が登録した住所に送られてきます。

次のステップでは、届いたハガキの受取と取引パスワード設定を行っていきます。

ステップ4:郵送物の受取とパスワード変更

無事に審査を通過すると、Bitgateから簡易書留ハガキが届きます。
それを見ながらログインとパスワード変更を行います。

まずはログインをクリック。

ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入れてログインしましょう。

すると、パスワードを変更する画面に変わります。郵送物に記載された初期パスワード(現在のパスワード)と、新しいパスワードを2箇所入力し、「変更確認」のボタンを押します。

「パスワード変更確認」の画面が表示されるので、「変更」ボタンを押します。

「変更が完了しました」との表示に変わるので、「閉じる」ボタンをクリックます。

正常にログインができ、取引画面が表示されます。

これで取引開始の準備完了です。

まとめ:口座開設前にはよく比較・検討しよう

ここまでBitgateの口座開設方法について説明してきました。申し込み開始から実際に取引可能になるまでにはちょっと時間がかかりますが、作業は簡単です。

Bitgate株式会社は以前はエフ・ティ・ティ株式会社という社名でしたが、2018年4月に現在の社名に変更しました。

他の仮想通貨取引所とは違い、Bitgateは営業時間が決まっています。

・取引可能時間帯
月曜日〜金曜日:午前9時から午後9時まで

・ログイン可能時間帯
月曜日〜金曜日:午前6時から翌日午前3時まで

・メンテナンス時間
火曜日〜金曜日:午前3時から午前6時まで
土曜日:午前3時から月曜日午前6時まで

 

仮想通貨投資はまだ歴史が浅く、取引所から多額の仮想通貨が流出する事件も発生しています。ですから、今回のBitgateに限らず取引所を選ぶ際には、セキュリティ面も含めて最初にしっかりと情報を集め、納得するまで比較してから口座を開設することが何よりも大切です。