取引所

韓国大手取引所Bithumbは2,000億ドル市場を見越してBitPayのパートナーとなった

3月13日の上層部の発表によると、国際送金市場に対抗するために韓国最大の仮想通貨取引所であるBithumbはBitPayとパートナーシップを組んだ。

CNBNが聞いたところによると、BitPayのチーフ・コマーシャル・オフィサーSonny Singhはこのビジネスでは現在、請求書をビットコインに変換でき、従来の銀行ベースの送金チャネルを通して、BitPayを利用して決済をより早くより安価に完了することができるとしている。

「韓国と欧州間のクロスボーダー取引は、今年2,000憶ドル規模の市場になるだろう」と彼はCNBNに伝えた。

「現在、クロスボーダー取引…ワイヤートランスファーがなされており、FX手数料は約4%で4日かかる」とSinghは続ける。

大規模な取引量にもかかわらず、韓国の仮想通貨ビジネスの市場や利用者は不明瞭なままだ。2017年12月以来、韓国は仮想通貨市場に対して、匿名の取引、国内ICO、国内取引所の国外からの利用を禁止する一連の規制をかけた。加えて、全ての政府関係者が仮想通貨を保持し取引することを禁止している。

Singhが承認したBitPayは2018年に40億ドル分の決済を処理する方向で、今後の規制の可能性に臆していない。

「規制は歓迎する」と彼は続け、「Bithumbのような韓国の取引所も規制は歓迎すると思う。適切にAML/KYCチェックをしているからね。」

今月上旬、韓国のウリィ銀行はRippleを使った商業的クロスボーダー取引を今年始めることを発表した。

Bithumbは今月決済端末をレストランに導入するなどして国内の消費者へ仮想通貨を知らしめ続けているとCointelegraphはリポートした。

 

(引用元)

https://cointelegraph.com/news/major-south-korean-exchange-bithumb-partners-with-bitpay-to-corner-200-bln-market

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓