bithumb

bithumb(ビッサム)での手数料を徹底解説

仮想通貨取引所bithumb(ビッサム)での手数料で重要になるのは、仮想通貨の売買の時に発生する『取引手数料』と仮想通貨の送金の時に必要となる『送金手数料』の2つです。

bithumbの概要や特徴、口座開設方法については関連リンクよりご確認下さい。

bithumb(ビッサム)の取引手数料は一律【0.15%】

bithumbでの取引手数料はどの仮想通貨であっても一律0.15%となっています。ビットコインで考えると0.15%という数字は安いとは言えません。参考として日本国内の大手取引所でのビットコインの取引手数料を表にすると以下のようになります。

仮想通貨取引所名 ビットコインの取引手数料 備考
bitFlyer 0.01%~0.15% 直近30日間の取引量によって変化
bitbank 無料
Zaif 無料
コインチェック 無料

このようにビットコインの取引手数料に関しては、無料で取り扱っているところも少なくありません。bitFlyerでの取引手数料の最高割合はbithumbと同じく0.15%ですが、取引量が多くなれば緩和されます。

このような自動的に取引手数料の緩和される仕組みも導入されていないbithumbは、やはり高いと言えます。

bithumbはリップルの占める割合の多い取引所ですが、リップルの取引手数料に関しても安いとは言えない数字となっています。同じくリップルの取引割合の多いbitbankで取引すれば、手数料は無料です。

ただし他の仮想通貨取引所では余り取り扱われていない銘柄に関しては、0.15%は高い手数料ではありません。エクスペリエンスポイントやなんJコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所coinexchangeでも、取引手数料は0.15%となっています。

また自動的に割引されることのないbithumbですが、クーポンを使って意図的に手数料を軽減することは出来ます。0.15%0.010.075%と最大で半分の手数料となります。

ただしクーポンは有料かつ期間の制限もあります。もしクーポンを使う場合は、先にどのような取引をするかを決めてから使うことをお勧めします。

bithumb(ビッサム)の送金手数料

bithumbでは出金や入金の手数料が明記されています。入金だけ、あるいはbithumb内部での出金ならば手数料はかかりません。ただし一部の仮想通貨には、入金のために必要な最低額が設定されています。例えばビットコインの場合は、0.001BTCを最低入金額としています。

またbithumb以外へと送金する場合には、それぞれの銘柄に送金手数料が設定されています。ビットコインでは0.001BTC、イーサリアムでは0.01ETCが送金手数料となります。

またbithumbでは規約の変更により、本人確認が出来ていない口座からは出金ができなくなりました。出金することを前提でbithumbを使う場合は、本人確認まで済ませておいた方が良いでしょう。