coinbase

インサイダー取引疑惑の訴訟を受けるCoinbase

仮想通貨取引所のCoinbaseは、ビットコインキャッシュ開始時にインサイダー取引の疑いで集団訴訟を起こされました。

先週木曜日の裁判所文書によると、この訴訟は、Coinbaseまたは2017年12月19-21日の注文控元帳取引プラットフォームGDAXに取引注文を出した投資家のグループを代表するJeffery Berkによって起こされました。

この訴訟に基づくと、このケースでは、CoinbaseのBCH取引の同月の開始を目指しており、原告は正式な開始に先立つ同社の情報漏洩を非難しました。このように、当グループは、会社の過失を非難し、損害賠償を求めており、その額は裁判で決定される予定です。

これまでに報告されたように、サンフランシスコに本拠を置くCoinbaseは、8月にビットコインキャッシュをサポートすると発表しました。これは11月にビットコインブロックチェーンから分岐した新しい仮想通貨であります。当時、取引所は、1月1日までに新しいサービスが稼働するとし、その後、投資家はBCHを引き出すことができると述べていました。

Coinbaseが12月20日にBCH取引を開始したとき、BCHの価格は発表直前に急上昇し、ソーシャルメディアには直ちに告発が出て、会社の従業員が他の人たちを情報漏洩した可能性があることが示唆されました。

同社は、社員がインサイダー取引ルールに違反している可能性があるかどうかを調査すると発表して、その申し立てに応えました。

しかし、原告は、同社がその調査の完全な結果を明らかにしたことはなく、カリフォルニアの不正競争法に違反していると主張しています。

訴訟は以下のように述べています:

Coinbaseの顧客の取引が最終的に実行された時、インサイダーがBCHの価格を押し上げた後であったため、残りのビットコインの顧客は、当時のBCHの公正市場価値を十分に超えて操作された人工的にインフレした価格でBCHを受け取った。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/coinbase-hit-lawsuit-alleged-insider-trading/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓