coinbase

クレジットカード発行者がCoinbaseでの購入時に現金同等物手数料を請求される(2018.2.7)

これは公式です。Coinbaseのユーザーは、クレジットカード会社から現金同等物手数料を請求されます。

世界中の政府は、仮想通貨に関連する脱税と匿名性を取り締まっているようです。そして、銀行は今でも利益の一部をを望んでいます。その行動に取り掛かる方法は、Coinbase取引に関連するMCC(マーチャントカテゴリーコード)を変更することです。

MCCと現金同等物手数料

 

マーチャントカテゴリーコードは、商人に割り当てられた4桁の番号です。それは企業が、販売する商品やサービスの種類によって分類することを可能にします。これは、米国内国歳入庁やカナダのカナダ歳入庁などの税務機関がビジネスを監視する方法です。

現金同等物手数料は、別の安全な金融商品の購入の証明として機能するクレジットカードへの即時請求です。そのセキュリティで保護された手段は外貨、ポーカーチップの抽選券、トラベラーズチェック、そして現在の仮想通貨にあたります。

できれば仮想通貨を捕まえる

 

以下の取引に注目してください。2017年の終わりからのものと今週にちょうど確認されたものがあります。どちらも仮想通貨で1000ドルの購入です。最初のはそのままです。2番目のは10ドルの現金同等物手数料が掛かります。

JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカおよびシティグループは、クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止しているという事実にこの全てを加えます。

中央集権型政府と地方分権型デジタル経済の戦いが本当に熱くなっているように見えます。
政府は、仮想通貨に関連する税制をまとめようと争っているにもかかわらず、地位を得ています。

先読み

 

仮想通貨世界は、G20サミットが近づくにつれて、ハラハラしています。なぜなら世界のトップ経済大国は、来月、仮想通貨規制について詳細に議論する予定だからです。

ある意味では、規制はビットコインとその他のコインを正当化しますが、仮想通貨市場は現在、2013年まで遡る中で最大の急落を経験しています。

月曜日のある時点で、ビットコインの価格は7,000ドルを下回る3カ月ぶりの低水準でした。

いつ急落は終わるのか?

 

必ずしも現在の急落がすぐに終了するとは限りません。 ビットコインの最長の下降傾向期間は正確には411日間でした。

しかし、仮想通貨がまだ大量採用の長い道のりを持っていることは明らかです。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/credit-card-issuers-now-charging-cash-equivalence-fees-coinbase-purchases/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。