coinbase

仮想通貨取引所Coinbaseは新たな税計算法を紹介した

Coinbaseは顧客向けに新たな税務機能を追加した。

新たな機能は複雑な税金支払いの単純化と課税対象となる仮想通貨による所得のリマインダーを目的としている。

IRSのガイダンスによると、仮想通貨は資産として扱われる。つまり投資家は各取引の度にアセットの公平な市場価値に合わせて税金を支払わなければならない。それはCoinbaseが過去に試みたプロセスで、投資家が利益と損失を解決する全ての取引の完全なレポートを提供するものだ。本日のアップデートでは、企業は次の段階に進み、投資家にワンクリックの税務ソリューションを与える。新たな先入先出ツールを利用して、これまでの価格データに基づいて総損益数字を生成することが可能になる。その数字は税務当局が確認する必要がある。しかし、Coinbaseは税務アドバイスはせず、顧客は行動に移す前に専門家のコンサルティングを受けるべきだと強調した。


新たなツールはCoinbaseだけでデジタルアセットの投資をする顧客のみ使用できると知っておくことが重要だ。もしICOへ参加したり、ファンドをプライベートウォレットやその他の取引所へ送金したりしたら、ツールは正確に機能しないだろう。そして自分で数字を出すことが求められるだろう。

FIFOツールの例がCoinbaseにより提供された。顧客は5Ethereumを買い、その内2つを売った。

デジタルアセットがまだ新しく公式なプロトコルが確立していないので、仮想通貨の税金は分かりにくく曖昧だ。250,000以上の米国のデジタルアセット投資家の研究によると、0.04%しか税金を支払っていない。Coinbaseによるプロセスを単純化させる動きは、現状を変えて、またコンプライアンスを促進しようという努力の賜物である。企業はどんどん規制団体の監視下におかれている。


昨年、Coinbaseは長い法的闘争の末、14,000の顧客口座に関するデータを渡すようIRSに命じられた。IRSはプラットフォームの全ての利用者の完全な内訳を求めたが、Coinbaseは20,000ドル以上の取引をした利用者、つまり480,000の約3%のデータにまで譲渡する数を減らすことができた。闘争についで、取引所でのコミュニケーションディレクターDavid FarmerはIRSとの関係を改善し、仮想通貨の課税について公平な合意に至りたいと話した。企業のアップデートはそれを実行し、仮想通貨の利用者と税務署間の貧弱な関係改善の衝撃を与える一つの動きのようだ。

Coinbaseはデジタルアセットへの課税についてのIRSの立ち位置をより良く理解したいという人々に、IRSからのガイダンスへの繋がりを提供している。

(引用元)

https://www.ccn.com/cryptocurrency-exchange-coinbase-introduces-new-tax-calculator/